yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
鹿島戦は結果的に序盤の2失点が響いて敗戦。それを受けて東京は今野を最終ラインで米本がボランチに入り、1トップに近藤と、鹿島戦の布陣をベースに一部を修正してきました。ルーキーの米本はリーグ戦で初先発を迎えることになりそうです。予想スタメンはこんな感じになるでしょうか。

GK権田
DF徳永、佐原、今野、長友
MF米本、羽生、梶山
FW石川、カボレ、近藤

米本には物おじせずに、思い切りやって欲しいですね。こういうチャンスを結果に繋げることは大切です。


対する千葉はここまで5試合で3分け2敗の17位。磐田戦は4-3-に布陣を変更して先制しましたが、追いつかれてドロー。課題だった攻撃に勢いは出てきたものの、現時点で未勝利の状態が続いています。千葉にしてみればそろそろリーグ戦で初勝利が欲しいところでしょう。予想スタメンはこんな感じです。

GK櫛野
DF坂本、池田、ボスナー、青木
MF斎藤、工藤、アレックス
FW谷澤(米倉)、深井、巻

以前の千葉は4-4-2の布陣を敷いていましたが、攻撃に課題があったのを見越してか、斎藤を1ボランチに工藤・アレックスを二列目に置いた中盤、トップの巻に谷澤・深井をサイドに配した4-3-3の布陣に変更し、中盤での人数を掛けたプレスからのカウンターと、トップの巻を起点に深井・谷澤がサイドから仕掛ける形で攻撃の形は作られつつあるようです。アレックスの精度の高いキックを活かしたセットプレーも要注意ですね。

ポイントとなるのはやはり身体を張って前線で起点となる巻を確実に潰すこと、そしてできるだけゴールから遠ざけた上でそのセカンドボールを確実に拾うことでしょう。その上でサイドに張る谷澤・深ら井への早めのチェックで攻撃の芽を摘めば、遠からずその攻めは停滞するはずです。また中盤でボールを失った時のカウンター対策のため、奪われた後の攻守の切り替えの早さを意識したいところでしょうか。

千葉は全体的に布陣がやや後ろ寄りで、4バックと3枚の中盤が比較的コンパクトな布陣を構築し、中盤のプレスが比較的厳しい印象。東京としてはサイドで人数を掛けて起点を作り、縦に突破するか、サイドチェンジで逆サイドを突くような形をイメージしたいですね。千葉の4バックはややスピードに欠け、入ってくる選手を捕まえるのは苦手そうなので、サイドから仕掛けて逆サイドや後列から入ってくる動きでゴールを狙っていきたいところですね。

千葉はこれまで巻が前線で孤立するなど、攻撃が停滞していた印象がありました。しかし磐田戦は引き分けに終わったとはいえ、堅守から3トップ気味にしたサイドからの仕掛けという形で、攻めにある程度手ごたえを感じているでしょうし、それを結果に結び付けたいと思っているはず。東京も試合運びにもう少し安定感が欲しいところで、お互い譲れない試合になりそうですが、ここで勝って今後に繋げたいところですね。

スポンサーサイト
2009.04.17 23:25 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/791-000da864

| ホーム |