yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【東京】SH10 GK9 CK9 Keep45%
GK権田
DF徳永、佐原、今野、長友
MF羽生、米本(→'69浅利)、梶山
FW石川(→'64鈴木達)、カボレ(→'78赤嶺)、近藤
SUB:GK廣永、DF茂庭、MF大竹、FW平山

【千葉】SH9 GK11 CK8 Keep55%
GK岡本
DF坂本、池田(→'45和田)、 ボスナー、青木
MF工藤、米倉(→'63谷澤)、斎藤(→'69下村)、アレックス
FW深井、巻
SUB:GK櫛野、 MFミシェウ、佐伯、FW新居

【得点】
東京:'18石川
千葉:'86巻、'89深井

【警告】
東京:'20
千葉:'35工藤、'44池田、'75和田

観客も多く、五輪招致のイベントもあったりで、ムードとしてはいい感じで入ったゲームでしたが、先制しながら終盤に2失点。ちょっと堪える逆転負けでしたね・・・。


お互いロングボールが多く、中盤の上をボールが行き来する展開。東京にしてみれば千葉の中盤・最終ラインがコンパクトだったので、それを押し下げようという狙いがあったのでしょうが、結果的にカボレへのボールが多くなって負担が大きくなり、カボレ自身もゴールに近い位置でボールを受けることが少なかったように思います。チーム事情から起点やチャンスメーカーの動きをせざるをえない状況が多いですね、今は。

千葉は前線にボールが収まらず、セットプレーくらいしかチャンスがなかったのに対し、東京は18分に石川の個人技で先制。しかし押しながら追加点を奪えず、ハイペースの反動もあったのか、後半交代カードを切った辺りから徐々に失速。チームとして終追加点を奪いに行くか、1点を奪いに行くのか曖昧なまま、ロングボールを放り込む千葉のペースに付き合ってしまい、ロスタイムに2失点。痛い逆転負けを喫してしまいました。

2点目を取れないという課題はありますが、カボレ・石川が下がった後、赤嶺・近藤の2トップや鈴木達・梶山でどう点を取るのか、具体的なイメージがあったのでしょうか。また2点目を取れないのなら、どこかのタイミングで逃げ切る切り替えも必要だったはず。残り5分までリードしていたことを思えば、交代がどんな意図を持って行われたのかがチームに伝わっておらず、中途半端な攻守での逆転負けはいただけません。


個人的に戦い方としてロングボールも活かすつもりなら、1トップは平山でいいのでは?という素朴な疑問があるわけですよ。前線の起点になるという部分でカボレの負担を減らせますし、カボレ自身の良さも出てくるでしょう。後半の赤嶺投入も、うまく前線に起点を作りつつ時間を掛けて攻めようと思うなら、平山の方が適任だったはず。交代する選手も含め、ちょっと首を傾げる城福監督の采配でした。

逆に言えば赤嶺・近藤を起用するなら、どういう形で攻撃の形を作るのか、またどういった形で点を取るのか、そこまでの具体的なイメージがもっと必要です。確かに赤嶺はゴール前のセンスがありますし、近藤には相手をねじ伏せるだけのパワーがあります。ただそれもゴール付近でいいボールが来ればの話であって、残念ながらゴールまでの中盤の組み立てにおいて、その絡み方はまだまだと言わざるをえません。

もっとも平山も起点としての動きはともかく、ゴール前に入る動き、ゴールにつながる動きという点ではまだまだ及第点には程遠い出来。これは平山・赤嶺・近藤の3人もそれぞれ努力すべきですし、チームとしてもどうすれば彼らが活きるのか、組み合わせや中盤の構成を含め再考すべき課題でしょう。石川の動きはキレていますし、カボレももっとゴールに近い位置で仕事ができれば、その成果も変わってくるはずです。


序盤からのつまづきからすると、チームとして徐々に収まるべきところに近づいているように思いますが、ベースがまだ安定しないまま、必要以上に試行錯誤を繰り返すのはどうなんでしょうか。「去年と違う色」というのは必須ではありませんし、具体的な必然性、ディテールのないイメージだけではチームも機能しません。選手の相性や組み合わせも重要ですし、どうすればチームが機能するのか、安定した戦い方ができるのか、じっくりと腰を据えて考えてみてほしいところです。

スポンサーサイト
2009.04.19 20:04 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/792-16c0ffe4

| ホーム |