yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
もともとは「シュートを打たなきゃ入らない」さんのところで、ちょっと気になるエントリーがあったので、ふとそれに対するコメントを書いていたのですが、書いてみたら思ったよりも長くなり、また最近ネタになるほどの文章を書いていないので、あちらへのコメントのついでに、こちらでも転載することにしました(ちょっとセコいですね、自分 苦笑)


今のメディアのJリーグに対する姿勢を考えた時、チーム数の増加が観客の純増に貢献している一方で、チーム増による観客の多様化により、メディアが「分かりやすい」「ニーズに合った」番組を作りづらくなっている側面はあると思います(同時にTV局の収入激減による番組制作費への影響も無視できません)。とはいえ地上波でのJリーグの露出の激減振りには、Jリーグの今後を考えると、かなり危機感を持たねばならないと考えています。GWのファミリーJoinDayなどは、残念ながら一般の人はその存在すら知りません。もちろん草の根運動は大切ですが、それだけではやはり限界があるわけです。

日常的にサッカーを見ている人に対する戦略として、一括してスカパーに託した選択が、必ずしも間違っていたとは思いません。CS放送というハードルの高さはありますが、スカパーもスカパーなりに結構頑張ってくれていることは、番組を見れば分かります。ただ新規顧客の獲得という点で見ると、それだけでは十分だとは思えませんし、このままだと現状でも厳しいと聞くスカパーの放送も先細りになるのは目に見えています。新規顧客が増えていかないということは、他の地上波が放送するためのメリット(視聴率)や、放映権を獲得しようという動きにも少なからず影響が出るでしょう。

そういう意味ではさらなる新規顧客を獲得しようと思うなら、地上波への今まで以上の露出は重要だと思いますし、少なくとも重要カードなどは地上波で放送する手立てを考えることは必要でしょう。今までのように代表に依存するだけでなく、リーグ独自の戦略がポイントになってきます。視聴率というベースで最初は厳しいかもしれないですし、極論を言えばリーグで協賛して地上波に一般向けの番組作ってもいいと思うわけですよ。またメインコンテンツが上の世代と異なる若い世代の取り込みで考えるなら、新聞やTVだけでなく、ネットや携帯コンテンツへの露出というのも、今後もっと考慮していくべきなのだろうと思います。

またローカル局との連携は重要ですが、東京を含めた首都圏のチームは一般的にローカル局の身近さが地方よりも相対的に低いようにも思えますし、新規獲得のためにはローカル局だけでなくて、全国ネットの番組の露出に関しても、独自の戦略として今まで以上に考えていかねばならんのだろうと思います(一見「サッカー」という観点から離れた取り上げ方でも、あるいはサッカーを見に行くためのきっかけにはなるかもしれません)。その辺うまくローカル局と棲み分けができれば、いい感じになりそな気もするんですが、その辺はカネも無いでしょうし(笑)、将来に向けての投資ということで機会を探して地道にやってくしかないんでしょうね。

スポンサーサイト
2009.05.13 12:50 | Jリーグ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/804-1571d5ba

| ホーム |