yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ナビスコ杯の予選、そして代表のW杯アジア最終予選も終わり、いよいよ週末からリーグ戦が再開です。

東京は中断期間後のナビスコ杯を2勝1分で乗り切り、決勝トーナメント進出が決定。代表組の今野・長友も柏戦は出場するかどうかは分かりませんが、負傷離脱の羽生も復帰見込みで、またナビスコで活躍した草民も好調を維持しており、塩田なども含め、リーグ戦後半に向けて計算できる戦力が増えてきたのは好材料です。予想スタメンとしてはこんな感じでしょうか。

GK権田
DF徳永、ブルーノ、今野(平松)、長友(椋原)
MF米本、梶山、石川、羽生(草民)
FW平山、カボレ

前線では好調の石川、復調してきたカボレに加えて、ナビスコ杯の清水戦出場停止だった平山にも期待ですね。


対する柏もナビスコ杯予選突破こそならなかったものの、負傷者続出の状況の中、終盤は京都を3-0で破るなど、控え選手が出場機会で持ち味を発揮し、尻上がりに調子を上げて好調を維持しているようです。一方で負傷者続出だったメンバー構成も、ポポ、杉山、栗澤、太田、村上といったあたりが負傷から復帰し、またフランサも復調しつつあるようで、侮れませんね。予想スタメンとしてはこんな感じでしょうか。

GK菅野
DF村上、古賀、小林祐、大谷
MF栗澤、杉山、太田、李、菅沼(大津)
FW北嶋(フランサ)

ベースとなるのは4バック。あとは前線の構成によって4-5-1と4-4-2あたりの布陣を併用するような感じでしょうか。これまでの対戦と同様、前線からのプレスでプレッシャーをかけ、右サイドの太田の仕掛けと村上の攻撃参加、あるいはフィニッシャーとしての菅沼、ドリブラー大津の仕掛けなど、サイドをシンプルに使ってくる印象ですね。運動量という点では諸刃の剣とはいえ、独特のリズムを持つフランサはいやな存在。相手のリズムに対して受け身では戦いたくないところでしょう。

対策としては前線からのプレッシャーをうまくいなして、相手のショートカウンターのリズムを作らせないこと、ボランチと前線の起点を徹底的に潰して相手のリズムでサイドからの仕掛けを作らせないことですね。勢い・リズムがある時の柏が見せるサイドからの仕掛けは脅威ですが、シンプルなサイドアタックからい一気にフィニッシュに持ち込ませないよう、ディレイして外に押し出し攻めに時間を掛けさせたいところですね。

柏の守りは中で跳ね返すことに比重を置いた守り方、つまりディテールは違っても清水と同じような守り方といっていいでしょう。つまりクロスを入れるよりは、サイドをえぐってCBを釣り出してスペースを突く、あるいはサイドから人数を掛けた攻めを作ってボランチを引っ張り出し、バイタルエリアを突くといった攻めが効果的です。詰まっても焦らず繋いで攻撃を作り直し、チャンスをうかがえば付け入るすきは見出せるはず。リーグ戦再開の初戦で勝って、今後に向けて勢いをつけたいですね。

スポンサーサイト
2009.06.20 02:53 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/826-9d95ab42

| ホーム |