FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

【東京】SH13(枠内8) GK11 CK4 Keep55%
GK権田
DF椋原、ブルーノ、茂庭、徳永
MF梶山、米本、石川(→'86平松)、羽生(→'72鈴木)
FWカボレ、平山(→'80佐原)
GK塩田、MF大竹、田邉、FW赤嶺

【清水】SH6(枠内2) GK11 CK7 Keep45%
GK山本海
DF市川、青山(→'56平岡)、児玉、太田
MF枝村、本田、伊東(→'70長沢)、兵働
FWヨンセン、永井(→'42藤本)
GK西部、DF高木純、MF山本真、FW大前

【得点】
東京:'16平山


ここまで来たら勝たないと意味がない一戦。難しい試合になると思っていましたが勝てて良かったです。清水はCB青山が復帰、前線にやや予想外の永井起用。永井はチーム戦術にはかみ合ってない感じでしたが、個の局面打開という点では少し嫌なイメージのある存在。清水のヨンセンへのロングボール、ショートコーナーなど、序盤は嫌な展開が続きましたが、この時間帯をしのいだのは大きかったと思います。

前回の対戦を受けて、ヨンセンのポストプレーと市川の攻撃参加は随分意識していたようですね。やや相手の攻撃が単調な感もありましたが、ヨンセンへのボールにはボランチ・CBがケアしセカンドボールへの意識が高かったですし、市川も二列目・SBとボランチが連携して周囲との連携を制限させることができていました。特に梶山・米本はこの試合よく走っていましたね。羽生や石川もそうでしたが、中盤の献身的なチェック・フォローが中盤で優位に立てた大きな要因だったように思います。

そんな中で生まれた羽生のクロスからの平山のゴール。この時間帯に先制できたのは大きかったですね。これで清水の勢いは明らかに落ちましたし、逆に東京に勢いが出て積極的なチェックや冷静なボール回しで、攻勢の時間帯を作り出せました。42分には清水が早くも永井を下げ藤本と交代。その流れに関係が無さそうな感が嫌だったんですが、逆にそういうところがダメだったんでしょうか?後半スペースのある時間帯にカウンター要因で出てきたら怖かったような気がしますが、うまく使いきれなかった印象でした。

後半11分には青山が負傷で平岡投入。前半すでに1枚カードを切っていた清水にしてみれば、ここでカードを切らざるをえなかったのはちょっとついてなかったですね。青山はラインをコントロールしつつ、何度か危ない場面で的確なカバーリングを見せていましたし、傍から見て後から入った平岡との安定感の差は歴然としていました。結局止めはさせなかったものの、長沢を投入した清水相手に佐原・平松を投入。前の人数が足りなくなってやや受身になってしまいましたが、1点を守り切って決勝進出を決めました。


多少運もありましたが、勝ったのはチームとして戦いながら課題を修正しつつ、きちんと準備して、やるべきことをちゃんとやりきったからだと感じました。決勝の相手は川崎、そう今季リーグ戦で2戦2敗してしまった相手です。期せずして今季のうちにリベンジできる機会が訪れましたが、これを活かさない手はありません。とりあえずいったんはリーグ戦に頭を切り替えないといけませんが、川崎にリベンジを果たし、優勝も勝ち取れるよう、決勝に向けて準備していきたいところですね。

スポンサーサイト



2009.09.07 00:24 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/861-739fe99c

| ホーム |