yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先月に引き続き、10月~11月初旬刊行のサッカー本を紹介します。本当はもう少し早くやりたかったんですが、仕事が忙しかったのとナビスコ杯決勝があったりで遅れてしまいました。申し訳ないです。ホントは宇都宮さんの新刊とか「テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人」(村松尚登著 ランダムハウス講談社)など、個別に紹介したい本もあるんですが、とりあえず先にリスト化しちゃいます(前回紹介分と多少重複あり)。



宇都宮さんの新作
フットボールの犬 欧羅巴1999-2009
宇都宮 徹壱著/東邦出版
長年にわたり欧州各地のフットボールを取材してきた宇都宮さんによる、ヨーロッパフットボールの旅の物語。スコットランド・アイルランド・ポーランド・ユーゴスラヴィア・イタリア・オランダ・フェロー諸島・エストニア・トルコ・ウクライナ・スイス・旧DDR(東ドイツ)・クロアチア・シチリア・マルタ・ロシアと、著者の宇都宮さんが行った先々で感じたフットボールへの様々な思いは、サッカー好きならきっと共感できるでしょうし、何というかフットボールを身近に感じていられることの幸せを、改めて噛みしめることができる一冊だと思います。

【既刊】
股旅フットボール
宇都宮 徹壱著/東邦出版
日本サッカー、行って観なけりゃわからない。潜ってみれば知らない世界。代表ともJとも違う4部の景色、地域の事情…。地域リーグにフォーカスし、身近であるがゆえに気付かなかった「百年構想」の光と影を描き出す。


世界のサッカーマスコットを紹介した一冊。
世界のサッカーマスコット大行進!
斉藤 健仁・野辺 優子編著/出版芸術社
「カワイイ」「カッコイイ」から「何の生き物?」「う?んビミョー」なものまで、誕生の由来、マスコットに託されたクラブの思い、彼らが起こした珍事件など、様々なエピソードとともに綴る、楽しいマスコット名鑑!

吉崎エイジーニョさんの新刊
オトン、サッカー場へ行こう!
吉崎 エイジーニョ著/新潮社
定年退職後、オトンに元気がない。で、息子は考えた。サッカー観戦に連れ出してみよう! 故郷の小さなチームの応援で、果してオトンは甦るのか!? 『週刊サッカーマガジン』の連載「FC東京タワー」を加筆修正して書籍化。

講談社から二冊。
なでしこゴール!女子のためのサッカーの本
砂坂美紀・大住良之・後藤健生ほか著 神崎 裕画/講談社
成長に合わせたトレーニング法、栄養・水分のとり方やケガ予防、サッカーに関わる仕事など、女子のためのサッカー情報を写真やマンガなどを交えて紹介。現役選手のメッセージも収録。

永遠のサッカー小僧 中村憲剛物語
森沢 明夫著 講談社
“平凡”なサッカー小僧・中村憲剛はいかにしてサッカー日本代表に選ばれるまでになったのか。「大好きなサッカーをただ純粋に突き詰めていたら、いつの間にか今の僕になっていた」という、その半生を赤裸々に語る。川崎市内では売り切れで入手困難になってしまい抗議が殺到したという、いわくつきの一冊ですね(苦笑)


新書2冊
日本サッカー世界で勝つための戦術論」(青春新書INTELLIGENCE)
西部 謙司著 /青春出版社
戦術論の第一人者が語る、日本代表の現在地と未来地図。ワールドカップに臨む日本代表がどういう「考え」のもとにプレーしてきたのか、つまり戦術はどうなっているのかということを、できるだけわかりやすく解説する。

史上最強バルセロナ世界最高の育成メソッド」(小学館101新書)
ジョアン・サルバンス著/小学館
メッシ、チャビ、イニエスタ…。世界最高の選手を次々と生み出すFCバルセロナの下部組織(カンテラ)の育成メソッドを、ボージャン世代を育てた元カンテラ監督が初公開。


前回も紹介しましたがダービー本2冊
ダービー!! フットボール28都市の熱狂
アンディ・ミッテン著 澤山 大輔訳/東邦出版
世界各国で現地徹底取材!イングランドのリバプールvsマンチェスター・ユナイテッド、アルゼンチンのリーベル・プレートvsボカ・ジュニアーズ…。魂を揺さぶるサッカーの血戦、究極のダービーマッチを追ったスポーツノンフィクション。

英国のダービーマッチ
ダグラス・ビーティ著 実川 元子訳/白水社
シェフィールド、バーミンガム、マンチェスターなど、英国8都市で行われるサッカーの「熱き戦い」ダービーマッチ。その歴史と今、街とクラブとサポーターの深い関係を現地取材で紹介。


競技規則と少年サッカー審判の本
サッカー競技規則 2009/2010
日本サッカー協会審判委員会訳編集 制作 /ベースボール・マガジン社
国際サッカー連盟(FIFA)が発行している「Laws of the Game」を日本サッカー協会が翻訳した公式競技規則。日本語版付録として「審判員の目標と重点項目」等の資料を掲載。

もっとうまくできる!少年サッカー審判のコツ50 コツがわかる本
濱口 和明監修/メイツ出版
少年サッカー審判のノウハウを50の「コツ」として紹介。キックオフまでの準備、主審の役割、副審&第4の審判の役割を解説する。少年サッカーならではの現象や注意点なども掲載。


こんなところですか。
また今月末か来月頭にある程度まとまったところで紹介します。
ではでは。

スポンサーサイト
2009.11.07 11:10 | サッカー本 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/885-3ecfcd9b

| ホーム |