yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とりあえず何とか勝利といったところですか。
今野・徳永・鈴木達也が欠場で、権田・梶山・赤嶺・長友らがベンチスタート。その影響あってか、ボランチを経由してのビルドアップは少なく、東京は近藤の裏を狙う動きへのボールや、最終ラインから二列目に直接入れるような形が多かったですね。その分相手のリズムを崩しながら前線にボールが入ることが少なく、単発で見れば縦に入るボールを中心にチャンスを作るも、全体からすればやや単調な攻めに終始。

それだけに近藤のCKから佐原がヘッドで決めた32分先制点は、この趨勢を決める上で大きかったと感じました。58分にロングボールから都倉に抜け出されて失点するも、直後の60分には梶山を投入。51分に途中交代で入っていた中村北斗がFKを直接決めると、73分に赤嶺投入で流れを作り、梶山の大きなサイドチェンジから左サイド羽生がクロス、CBの間に入った平山がヘッドでゴール。終盤に1点を失うもそのまま守りを固めて逃げ切り、四回戦進出を決めました。


前半は中盤の繋ぎを飛ばしたミドルレンジ、ロングレンジのパスも多かったですね。前線の近藤・平山のフィジカルを活かしてチャンスを作ることもありましたが、ちょっとやや単調だったようにも感じました。草民や近藤にしても場面場面ではいいプレーもあるんですが、最後の選択肢で残念なプレーがあったりと、もう一工夫あればという印象。守備面でも集中力を欠いたりと課題があったと思います。ただ米本の積極的に関与しようという意欲的なプレーは良かったですし、中村北斗のプレーも好印象でした。

さすがに難しいゲームが連戦で続いた上に、これだけメンバーが欠けていたら、普段通りの試合をするというのは難しい。やはり梶山・今野らのボールを安定して動かせる選手の不在の大きさを痛感しました。そういう意味では最初からこの試合の苦戦は予想していましたし、今回のミッションは勝って四回戦に進出すること。そういう意味でノルマは果たしましたし、今いるメンバーで何ができるのかを考え、日曜の仙台戦へ向けて今回出た課題を修正し、試合に臨んで欲しいところです。


【東京】SH14 GK8 CK2
GK塩田
DF椋原、佐原、ブルーノ、平松
MF浅利(→'60梶山)、米本、田邉(→'51中村)、羽生
FW近藤(→'73赤嶺)、FW平山
SUB:GK権田、DF長友、藤山、MF大竹

【草津】SH8 GK7 CK4
GK常澤
DF崔成勇、有薗、田中、小池
MF廣山(→'73高田)、松下、熊林、山(→'87佐田)
FW小林(→'84氏原)、都倉
SUB:GK北、DF三澤、喜多、藤井

【得点】
東京:'32佐原、'63中村、'76平山
草津:'58都倉、'81高田

【警告】
東京:'66羽生
草津:'61廣山

スポンサーサイト
2009.11.12 07:50 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/889-ae844a2c

| ホーム |