FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

さて何とか草津を撃破した東京は天皇杯4回戦、丸亀で仙台戦を迎えます。やはりあれだけメンバーが変わると苦戦は避けられませんが、今回は梶山・鈴木達がメンバーに復帰、長友もコンディション次第ではスタメン復帰する可能性もありそうです。チームの機能性を考えた時に中盤に梶山・鈴木達也が復帰したことは大きいですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF椋原、ブルーノ、佐原、長友(平松)
MF米本、梶山、羽生、鈴木達
FW平山、赤嶺

この前試合で得点も決めて、復調ぶりをアピールした中村北斗にも期待したいところ。J1だとかJ2だとか関係なく、選手一人一人が強い気持ちで戦って欲しいですね。


対する仙台は現在J2で30勝9分9敗の2位ですでにJ1昇格を決めています。天皇杯では2回戦でツエーゲン金沢に1-0で勝利、3回戦では大宮を敵地で延長の末2-1で破り、4回戦まで上がってきました。関口訓充、渡辺広大など、何人か体調不良の選手もいたようですが、この試合には間に合いそうとのこと。予想スタメンはこんな感じです。

GK林
DF菅井、エリゼウ、渡辺、パク・ジュソン
MF富田、千葉、関口、梁勇基
FW中島、中原

ベースとなるのは4-4-2。堅守をベースに、スピードのあるドリブル突破が武器の関口と、精度の高いキックを武器にスルーパスやクロス、ミドルシュートのある梁勇基が頻繁にポジションを繰り返しつつ、SBの攻撃参加も交えたサイド攻撃を仕掛けてきます。空中戦に強い中原と粘り強くゴールを狙う中島の組み合わせ。何より精度の高いキックで直接も狙える梁勇基のFK・CKは要注意と言えるでしょう。

仙台は堅守から素早く前線にボールを入れてサイドに展開し、そこを起点にSBの攻撃参加を絡めたサイド攻撃が武器。やはりセオリー通り前線の起点をまず潰して、起点となる二列目の動きを封じることです。ゴール前での混戦に強い中島や、逆サイドから入ってくる二列目の動きは侮れませんし、サイドから簡単にクロスを入れさせないこと、そして重要な得点源となるセットプレーを与えないよう、ゴール付近の不要なファウルを減らすことも重要です。

仙台は前からプレスを掛けてくるだろうとは思いますが、梶山復帰はボールを動かす上で大きなアドバンテージ。梶山・米本がサイドとのボール出し入れから高い位置に起点を作り、SBの攻撃参加も絡めたサイドをえぐるような動きで、平山の高さ・赤嶺の動き出しといった前線を活かす形、三列目からの米本・梶山のミドルを狙うような形作り出したいですね。簡単な相手ではないですが、やはり大事なのは先制点。残念ながら映像はありませんが、東京の勝利を祈っています。

スポンサーサイト



2009.11.14 20:30 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/890-c22bd4d1

| ホーム |