yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京はJ2の仙台相手に天皇杯敗退が決まってしまい、気持ちの切り替えが難しいところですが、それはそれとして残り3試合どう戦うのかで今シーズンの意味合いが変わってきます。梶山が出場停止、長友が負傷で出場が難しそうですが、羽生をボランチに下げて二列目に北斗を置いた布陣で臨むことになりそうです。梶山のいない二試合はある意味リーグ戦残り3試合の正念場です。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF椋原、ブルーノ、今野、徳永
MF米本、羽生、鈴木達、北斗
FW赤嶺、平山

二列目に入る北斗はこういったチャンスを大切にしてほしいところ。草津戦でも決めた、無回転の直接FKにも期待しています。


対する千葉は4勝12分15敗の17位。前節川崎戦で2-3と敗れ、ついにJ2降格が決定してしまいました。天皇杯でもJ2の岐阜に敗れ、チームとしても難しい状況にありますが、ここでどこまで立て直してきているのか気になるところ。前節で和田が出場停止、坂本が右SBに回って青木が左に入る感じでしょうか。予想スタメンとしてはこんな感じです。

GK岡本
DF坂本、福元、ボスナー、青木
MF中後、下村、米倉、深井
FW谷澤、巻

ベースは4‐4‐2。ボランチの中後、最終ラインのボスナーらを起点に、巻にボールを入れ、その落としを谷澤・深井らが拾ってSBの攻撃参加を促し、アーリクロス気味にクロスを入れてきます。巻の高さには気をつけたいですし、サイドに流れる谷澤の切れ込んでくるドリブル、積極的な運動量で前からのプレッシングやカウンターの起点になる深井も要注意と言えるでしょう。

まずは前線の巻に入れてくるボールをどう抑えるか、セカンドボールを拾っていくかということでしょう。巻の高さに対抗することはもちろんですが、ボールの出所であるボスナーや中後、下村などにきちんとプレッシャーをかけて、いいボールを蹴らせないことです。放り込まれるとピンチも生まれやすいですが、できることをしっかりやれば、そのリスクは減らせるはずです。

その上でやるべきは千葉の前からのプレスに屈せず、ボールを簡単に蹴ってしまわないことです。深井など運動量のある選手は厄介ですが、きちんと落ち着いて繋げば、連動に乏しい千葉のプレスはいなすことができるはず。守備に戻る意識は高い千葉も、人数がいる割には最後できちんと相手を捕まえ切れていません。中に絞り気味でサイドにスペースができやすいですし、サイドに起点を作って、中での駆引きに勝ちたいところ。

天皇杯も4回戦で敗れ、残るリーグ戦も残り3試合を残したところで3位以内はほぼ難しい状況です。しかしここで勝てば4位に浮上しますし、上位3チームの、いずれかのチームが天皇杯を制すれば繰上によるACL出場権にも繋がります。降格決まってしまった千葉が、あるいは開き直ってくるかもしれませんが、こういう試合は先制点が重要です。モチベーションを高く持って先制点を奪い、試合のリズムを作っていきたいですね。

スポンサーサイト
2009.11.21 20:23 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/892-34d31475

| ホーム |