FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

ここしばらく仕事が忙しくてブログに時間かけることができませんでしたが、今季の東京を振り返るという意味を込めて、どのような戦術が構築されたのか、ちょっと考察してみたいと思います(今回は試みとして拙いですがイメージ図を入れてみました)。

まず東京の基本戦術を考えるにあたって、何が基本コンセプトなのかを考えるのは重要なポイントです。城福監督が、そしてチームが今シーズンを振り返って何を重視していたのかを考えた時、「ボールを保持する時間をできるだけ多くし、守備機会を減らして、数多くのチャンスを作り出す」、これに尽きます。これは決定力が十分でないチーム事情から、そういう戦い方を模索した結果なのでしょう。

ただ今季の東京は低い位置から繋いで行くためのポゼッションを構築するのに序盤戦の間、試行錯誤を繰り返していました(これはまた別の機会に書きます)。ポゼッションしてビルドアップしていくには、シーズン開幕当初はリスクマネジメントが不足したままSBを高い位置取りにしてみたり、全体的に低い位置から繋ぐための動き直しが十分でなかったり、いろいろ足りないものがあったと思います。

低い位置から繋ぐサッカーの原型を作ることができた要因は3つ。1つ目は繋ぐ技術の高いブルーノ・今野CBコンビの確立。2つ目は攻守にアグレッシブに貢献し、精度の高いパスでボールを展開出来る米本のボランチ定着、成長。3つ目は徳永・長友の両SBがシーズンを通して戦っていく中でビルドアップ、リスクマネジメントの両面で大きな成長を見せたことにあると思います。そういった要素が積み上げていってできたのが、下記のような形です(手描き感ありありですいません)。

huzinzu1.jpg

1.CBがポジショニングを意識してSB・ボランチとボール回しを行い、相手に的を絞らせない。場合によってはSBが高い位置取りをして、ボランチが最終ラインに入って相手のマークをずらし、前にボールを運ぶチャンスをうかがう。

2.SBはプレスを横に広げるべくサイドに広がる。そしてボランチへのパスコースを意識しつつ、二列目・CBへの選択肢も意識したポジショニングに動き直してボールを受け、次の選択肢を探る。

3.ボランチはCBとのボール交換でプレスを中に絞らせつつ、積極的な動き出しでCBやSBからボールを引き出し、行けるときは梶山や羽生、米本などが平山に楔を入れ、そのポストプレーからのチャンスメイクでゴールをうかがう。バイタルエリアが厳しい時はサイドにボールを入れてボールを展開する。

4.二列目はサイドでボールを引き出して起点となり、サイドに流れるFWやフォローするボランチ、攻撃参加するSBが加わって数的優位を作る。その上で数的優位を活かしたサイド突破、空いたバイタルエリアでチャンスをうかがう、逆サイドへのサイドチェンジからSBの攻撃参加を生み出す、といった選択肢を取るようなイメージでしょうか。

全体から見れば左サイドで起点を作っての形が多かったと思います。数的優位を活かした長友の突破・サイドをえぐるような動きからのクロス、バイタルエリアに入ってきた石川がゴールを狙うような形、逆サイドに展開した徳永の攻撃参加からのクロスなどがイメージしやすいでしょうか。サイドからのクロスにしても、昨年に比べればよりゴールへのイメージする確度の高いクロスが増えていたと思います。

攻撃面でいえば、カボレ・石川の離脱は痛かったですし、またバイタルエリアでのミドルの意識があれば、攻撃の選択肢を増やすという点でもう少し違ったかもしれませんが、梶山が負傷を抱えながら出場を続けていたことを考えると、致し方ない部分があったことは考慮すべきなんでしょうね。前線の具体的なゴールイメージは、時間があればまた別の機会にでも。。。



一方で守備戦術に関しては「できるだけ長くボールを保持する」というコンセプトに沿って、基本的に相手に高い位置でボールを繋がせないよう、前線からパスコースを切って、中盤やサイドの起点を潰し、長いボールを相手に蹴らせて、そのボールをきちんとブロックを作って確実に対応し、こぼれ球を拾っていくことで、相手のボール保持時間を減らし、東京のボール保持時間を増やそうという意図のもと、比較的シンプルな戦術を志向していました。

shubi.jpg

これは縦にボールを入れてくるチームに対しては、入れるボールの精度を落とすという意味で有効でしたし、繋いでくるチームには中盤で繋いで高い位置でギャップを作る機会を減らしたという点で、一定の成果を挙げていたと思います。しかし、それでも低い位置からでも起点となる選手と、前線の選手の高い意識の共有からサイドの裏に起点を作られての失点は少なくなかったですし、得点直後や連続失点など、課題の残る失点も散見されました。


またセットプレーから守備においては高さのある平山をニアに置いたメリットは決して小さくなかったと思いますが、一方でファーからの折り返しによる揺さぶり、またマークをブロックされての飛び出されるスクリーンプレーによる痛い失点は少なくありませんでした。

setplay.jpg



もちろん、攻撃面でもセットプレーの有効な活用方法が期待されるところですが、守備面でもセットプレーによる失点にも傾向が見られるだけに、来季は改善が期待される部分です。



低い位置でビルドアップできるようになった東京に対して、相手はどう対策してきたか。答えは東京が低い位置から繋いでいきたいのなら、それを封じればいいわけです。

taisaku.jpg

東京のリズムがある程度確立してきた中盤以降、前からプレスを掛けるのではなく、SB・ボランチにマークを付けて低い位置からの出しどころを封じ、長いボールも最終ラインを中心にボランチがケアする形で前の選手を押さえてきたため、以前ほど自由に繋げなくなりました。CBが比較的自由にボールを持てても、出しどころを封じられると攻め手がなくなります。

その局面を打開するためには、スペースメイキングと動き出しの意識を連動させて相手の守りをずらすこと、前線でスペースに動いたりでうまくボールを引き出す工夫をして、そこにボールを入れて行くなどの工夫が必要でしたが、中盤はやや梶山の局面打開に期待する部分が大きかったですし、前線についても「動いてスペースでボールを受ける」という意識は(特に平山などは)乏しかったように感じただけに、ここは来季の課題といえそうです。

また徳永・長友の代表招集、長友の負傷欠場などで椋原のSB出場機会が増えました。椋原は守備面ではさほど不安はなかったものの、さすがに繋いでボールを受ける・次に繋ぐという点においては、徳永・長友のレベルにはなく、プレッシャーを受けてボールを蹴ってしまう場面も少なくありませんでした。昨年は徳永・長友もできていなかったわけで、そこは今後レベルアップして行けばいい部分ですが、層の薄かった左SBをどう誰がカバーしていくのかは気になるところです。


全体的に見て、チームのベースとなるビルドアップの部分は昨季に比べると、今シーズンを通しての試行錯誤から飛躍的に向上したと感じています。残念ながら最終ラインからブルーノ・茂庭が退団しましたが、森重と韓国U-20代表DFキム・ヨングォンが加入して、平松が控えている現状はあまり心配していません。ただ前述のように、東京のビルドアップに対して相手チームも対策を考えてきています。そこをどう打開していくのかは、今後注目していきたいポイントです。


関連リンク:「今季の東京の戦術を考察するの追記

スポンサーサイト



2009.12.26 19:34 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/899-fb598703

| ホーム |