FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

先日書いたエントリ「今季の東京の戦術を考察する」で、相手チームの対策の部分は、東京のビルドアップにどう対抗したのかという部分は記述しましたが、組織として崩す場合にどう攻略するのか特に触れていませんでした。なので対策してきたチームはどんなことをしてきたのか、一例を紹介したいと思います。

基本的に東京の基本の守備戦術からすると、優位な布陣を築いて相手にボールを蹴らせたいわけで、逆に言えばボールを簡単に蹴らないで粘り強く繋いでくる相手の方が嫌なわけです。ただ去年までの梶山・今野のコンビと比べると、梶山・米本のコンビはきっちりとバイタルエリアをきっちりカバーしているため、真ん中を攻略するのは簡単ではありません。

それで考えてきたチームはどうしたのか?東京は守備時に一方のサイドへボールが入ると、セオリー通りにサイドに寄せてきます。そこで逆サイドに人数がいたらそこまで寄せないかもしれませんが、二列目一枚ならSBでカバーできると考えて、ある程度任せる守り方をしてきます。しかし、そこでSBが素早くフォローに入ったら簡単に数的優位を作られて守りが苦しくなります。

taisaku2.jpg




           例えば相手チームの縦へ入れるボールはマークする選手とボールを同一視野に入れることができるため、守る側としてはどらかというと対応しやすい面がありますが、ボールサイドへ意識が向きがちな状態で逆サイドの動向まで押さえておくのは案外難しい。守備力優先でなく、ビルドアップを重視したCBを置くとなると、守備戦術としていかに守りやすい形を作っていくかは重要なポイントになっているはずです。

そういう形にハメようとする東京の守備戦術の裏を突く攻め方ですから、ハマれば東京の守備としても苦しくなります。とはいってもどこのチームでもできるわけではなくて、ある程度チームとして攻略の意図を持ったとしても、正確なサイドチェンジができるキックの精度、視野を持ったサイドの選手がいることが大前提です。アウェイの山形戦や千葉戦はこんな感じで形を作られたような印象があります。

この辺はパスコースの消し方を工夫する、サイドチェンジされたらディレイする、素早くフォローするというくらいしか対策がありません。チームとしてある程度セオリー通りに守備戦術を構築できるようになった分、逆に相手が対策を立てやすい面もあるわけで、そこからさらに守備戦術のレベルを上げていこうと思ったら、個々の判断力やポジショニングといった、今まで以上のディテール部分の向上が必要になってきますね。


スポンサーサイト



2009.12.30 18:49 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/901-76b2dd9c

| ホーム |