FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

今季のことは今年のうちに書いておこうと、年末最終日のこんな時間ですが、往生際悪くブログの更新してます(笑)

下にあるのはリーグ戦における最終ライン+ボランチの布陣の変遷です。元々この前の「今季の東京の戦術を考察する」の部分の元ネタとして、ざっと自分で確認用に作ってみた資料だったんですが、これを組み込むとエントリが長過ぎるので使わなかったものです。

かといってせっかく作ったのに、何も使わないと勿体無いので、ふりかえると言う意味で今年最後のエントリーのネタとして使ってみようと思った次第です。これ見ると、低い位置からビルドアップするためにかなり試行錯誤したことが伺えます。

【今季東京の最終ライン+ボランチの変遷】
                                         
             ○             ○             
 ○          今野           金沢             ○
長友          ○             ○             徳永
            茂庭            平松             
                    
                     ○             
                    権田            
第1節H新潟戦●1-4                                         
梶山を二列目に起用。前半ロスタイムにCKから失点し、前がかかりになったところを
両SBへの裏のスペースを突いたカウンターで沈む。                                         
 
            ○             ○             
 ○         今野           梶山             ○
長友         ○             ○             徳永
           茂庭            平松             
                     ○             
                    権田             
第2節A浦和戦●1-3                                         
梶山をボランチの位置に戻す。しかし先にリードされてカウンターに沈んだ展開は変わらず。
この時まで続いた両SBの高い位置取りは平松にとっては酷だったか。。。

                                        
             ○             ○             
○           今野           梶山             ○
長友          ○             ○             徳永
            茂庭            佐原             
                     ○             
                    権田            
第3節H山形戦○1-0                                         
CBに佐原起用。両SBが低い位置からスタートしたことで守備は安定。                                         

                                         
             ○             ○             
 ○          浅利           梶山             ○
長友          ○             ○             徳永
            今野            佐原             
                     ○             
                    権田         
第4節A磐田戦○1-0
                                         
             ○             ○             
 ○          今野           梶山             ○
長友          ○             ○             徳永
            茂庭            佐原             
                     ○             
                    権田             
第5節H鹿島戦●1-2                                         
第7節A大分戦○1-0                                         
第8節AG大阪戦●2-4
                                         
             ○             ○             
 ○          米本           梶山             ○
長友          ○             ○             徳永
            今野            佐原             
                     ○             
                    権田             
第6節H千葉戦●1-2                                         
布陣を試行錯誤していた時期。隙も多かった。                                         

                                         
             ○             ○             
 ○          米本           梶山             ○
長友          ○             ○             徳永
            今野           ブルーノ             
                     ○             
                    権田             
第9節H大宮戦○3-2                                         
第10節A広島戦●0-2                                         
第11節H京都戦△0-0                                         
第12節A横浜戦○1-0                                         
第13節H川崎戦●2-3                                         
9節で今野・ブルーノのCB起用、米本ボランチ起用が定着。
シーズンを通して一番多かったこの布陣は最初5試合は試行錯誤が続いたものの                                         
第14節A柏戦○3-0                                         
第15節H清水戦○2-1                                         
第16節A神戸戦○2-0                                         
第17節H名古屋戦○3-0
第18節A大宮戦○3-0                                         
その後はナビスコ杯を挟んで安定し、5連勝して順位を大きく引き上げた。                                                              
第19節H広島戦△0-0                                         
第20節A川崎戦●1-2                                         
第22節A山形戦●0-1                                         
第23節A鹿島戦●1-3
この後金沢が磐田へ完全移籍
第24節H大分戦○2-0                                         
この中断期間中にカボレが中東移籍。。。
第25節A京都戦●1-2                                         
第26節HG大阪戦△0-0                                         
第27節H磐田戦○3-2                                         
しかしその後は研究され、引き気味の相手に苦戦することが多くなった。


             ○             ○             
 ○          米本           金沢             ○
長友          ○             ○             徳永
            今野           ブルーノ             
                     ○             
                    権田             
第21節H横浜戦△0-0                                         
梶山出場停止の布陣。組み立てに苦労した。                                         

                                         
             ○             ○             
 ○          米本           梶山             ○
長友          ○             ○             徳永
            今野            茂庭             
                     ○             
                    権田             
第28節A名古屋戦○2-1
ブルーノ出場停止の布陣。茂庭はよくやっていたが負傷交代。                                         

                                         
             ○             ○             
 ○          米本           梶山             ○
徳永          ○             ○             椋原
            今野           ブルーノ             
                     ○             
                    権田             
第29節H柏戦○4-0                                         
この試合の負傷により石川が負傷で離脱。
第30節A清水戦○2-1                                         
第31節H浦和戦●0-1                                         
長友の負傷欠場により椋原を右SBに起用、徳永が左SBに。
ナビスコも獲ったが、浦和戦の警告累積で梶山が二試合出場停止。                                         

                                                      
             ○             ○             
 ○          米本           羽生             ○
徳永          ○             ○             椋原
            今野           ブルーノ             
                     ○             
                    権田             
第32節A千葉戦●1-2                                         
梶山二試合出場停止。繋ぎに苦労した。 
                                        
                                         
             ○             ○             
 ○          米本           羽生             ○
長友          ○             ○             徳永
            今野            平松             
                     ○             
                    権田             
第33節H神戸戦○1-0                                         
ブルーノに代えて平松起用。長友復帰。
徳永・長友が復帰したことで前節よりも繋ぎは改善。                                         

                      
             ○             ○             
 ○          米本           梶山             ○
長友          ○             ○             徳永
            今野            平松             
                     ○             
                    権田             
第34節新潟戦△1-1                                         
梶山復帰も、ロスタイムセットプレーからの失点でドロー。


こうやって振り返ってみて感じるのは、得点力という部分で見るとカボレの移籍や石川の負傷離脱はもちろん痛いには痛かったと思うんですが、「チームコンセプトの継続」という観点から見た場合、梶山不在時にボランチに起用され、左SBもこなせる金沢の移籍や、ビルドアップできるSBとしての長友の負傷離脱は結構痛かったように感じました。

起用のされ方を見ると、梶山・米本に続くボランチとして金沢は評価されていたと思います(米本のボランチ定着後はやや序列が変わったわけですが)。大宮戦以降は最終ラインで無難に繋げる平松が控えていても、今野はCBに固定されていたわけで、ボランチとしては考えていなかったということ。浅利は控えていても終盤の梶山不在時は羽生を下げるなど、苦しい状況だったことは間違いありません。

また左SBについても長友の負傷離脱により、椋原の起用が増えましたが、守備力は維持できてもビルドアップ力の低下は否めませんでした。また椋原の右SB起用で徳永が左SBに回り、無難にプレーはこなしたものの、窮屈に感じられる場面が少なくなかったことも事実。さらに徳永・長友が不在となるのと左SBは平松が入るなど、厳しいやりくりでした。阿部巧は楽しみな存在ではありますが、ここについては来年どう考えているのか気になる部分です。

これだけ試行錯誤した今季の組み合わせを見ると、正直後ろの方は早めに基本布陣は固めたいところですが、来季はW杯もあり、最終ラインは今野を軸とするのはベースにするにしても、CBの組み合わせは流動的、また手術の経過次第では開幕に間に合うのか微妙な梶山の状況を考えると、ボランチの組み合わせも時間が掛かるのかもしれません。来年も序盤は試行錯誤が続くことになるんでしょうか(苦笑)

でもチームとしてある程度こうしていきたい、という部分は今季の試行錯誤の末に見えてきたと感じていますし、結果的に苦境の中に身を置いたことで大きく伸びた部分もあったと思います。来季になれば当然相手も研究してくるだろうとは思うので、今まで以上の上積みは必要になってきますが、昨年の試行錯誤の末に出てきたチーム像は、来季に向けて十分に期待を抱かせてくれるものだと確信しています。


今年は引越しがあったり、仕事が今まで以上に忙しくなったりで、思うように更新ができないことも多かったですが、いくつかは自分でも納得の行くいいエントリが書けたと思いますし、twitterを通じて新たな広がりを感じることもできた一年でした。このブログを訪れてくださった皆さんありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト



2009.12.31 18:43 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/902-ce6baff4

| ホーム |