yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ちょっと間が空いてしまいましたが、以前からのサッカー本紹介第一弾第二弾文庫・新書編第四弾に引き続き、第五弾として、昨年11月から今年1月に刊行された注目のサッカー本をまた紹介したいと思います(11刊行分は前回紹介と一部重複します)。


今注目の東邦出版から刊行のサッカー本3冊
J2白書 2009 永久保存版 51節の熱き戦い
J’s GOAL J2ライター班著/東邦出版 1500円 2009.1刊行
J2の2009年を振り返れ! J2をこよなく愛するライター陣が、選手のこと、チームのこと、地域のこと、日頃感じていることをそれぞれのスタンスで書き綴る。『J’s GOAL』の人気コンテンツ「J2日記」を書籍化。熱い思いの詰まったオススメの1冊です。現在品切れ中ですが、2月上旬の重版分から入荷します!

フットボールの犬
宇都宮 徹壱著/東邦出版 1429円 2009.11刊行
長年にわたり欧州各地のフットボールを取材してきた宇都宮さんによる、ヨーロッパフットボールの旅の物語。著者の宇都宮さんが行った先々で感じたフットボールへの様々な思い、10年近くの旅の遍歴の集大成です。

クライフ公認「トータル」フットボーラーの全貌
ミック・スホッツほか著 戸谷 美保子訳 東邦出版 1800円 2009.12
選手として監督として世界一に輝き、「戦う術」を知りつくした天才・クライフ。選手、監督だけでなく、家族、実業家、カタルーニャ人、友人、評論家、慈善家など、現代サッカーのゴッドファーザーが持つ様々な“顔”に迫る。


個人的に注目の3冊
欧州サッカー批評」(サッカー批評別冊)
双葉社 1,143円 2010.1刊行
今回初刊行の欧州をテーマとしたサッカー批評です。テーマは近未来のフットボールを解明する 戦術はまだ進化するか?近未来のフットボールを解明する特集「戦術はまだ進化するか?」をはじめ、イングランド代表ファビオ・カペッロに問う21世紀戦術論、トータルフットボール進化論などを収録。気鋭の戦術家5人が語る「近未来の戦術」は必見です!

ゴールは偶然の産物ではない FCバルセロナ流世界最強マネジメント
フェラン・ソリアーノ アチーブメント出版 1600円 2009.12
FCバルセロナや世界の強豪サッカークラブの経営者たちが用いている経営理論について、元FCバルセロナ最高責任者が述べる。それらの実践方法やその成果、FCバルセロナの成功の理由も具体的に説明。楽天の三木谷さんも絶賛した、論旨が明快なオススメのサッカーマネジメント本です。

オシムの伝言
千田善 みすず書房 2400円 2009.12
元日本代表通訳の著者がイビツァ・オシム氏の日本での足跡を克明に記した迫真のドキュメント。日本代表監督としての軌跡、闘病の日々、日本サッカー協会アドバイザー就任から離日まで、その全期間の活動と発言を時系列で描く。


講談社刊行の4冊
サッカーを100倍楽しむための審判入門
松崎康弘 講談社 1300円 2009.12
審判はなぜ必要か? 審判はふだん何をしているのか? 審判と選手の関係は? 近年のJリーグを中心とした具体的な試合の事例とともに、審判にまつわるさまざまなことについて説明。先日のスカパー審判座談会でも紹介されました。

Jリーグ15年の物語 カズ&ゴンたちの時代
矢内由美子 講談社 1500円 2009.12
Jリーグ発足以来15年の間に起きた数々のドラマを、三浦知良、中山雅史という2つの巨星の軌跡をなぞりながら描くスポーツノンフィクション。1993~2008年の日本サッカー年表も掲載。

オズワルド・オリヴェイラ自伝 風のおもむくままに
オズワルド・オリヴェイラ 講談社 1400円 2009.12
人を説得し気持ちよく仕事をさせる、ことばの魔術力と柔軟な対応力-。Jリーグ3連覇を遂げた名将、鹿島アントラーズの監督オズワルド・オリヴェイラが、鹿島での3年間や、少年時代、コーチ時代などを振り返る。

ドイツ流攻撃サッカーで点を取る方法
ノルベルト・エルゲルトほか著 ゲルト・エンゲルス日本版監修
福岡 正高訳/講談社 1800円 2009.2刊行
サッカー指導者に向けて、現代的な攻撃サッカーに確実にアプローチする104のトレーニングメニューを、「カウンター攻撃」「ポジション攻撃」「シュート」の3つのテーマに沿って紹介。


新書4冊
史上最強バルセロナ世界最高の育成メソッド」(小学館101新書)
ジョアン・サルバンス著/小学館 720円 2009.11刊行
メッシ、チャビ、イニエスタ…。世界最高の選手を次々と生み出すFCバルセロナの下部組織(カンテラ)の育成メソッドを、ボージャン世代を育てた元カンテラ監督が初公開。育成メソッドの本と見るとやや抽象的な概念論が多いですが、ポゼッションサッカーを考える上では読んでみてもいい一冊だと思います。

「決定力不足」でもゴールは奪える」(双葉新書)
杉山茂樹/双葉社 800円 2009.12刊行
日本代表が点を取れないのは「決定力不足」のせいではなかった。決定力に頼らずゴールを奪うための方法とは? 杉山茂樹が日本サッカー界最大のテーマに迫る。ゴールを奪う場面のみに注目するのではなく、そこに到るまでの過程をどう考えるのか、その重要性を説いていますね。

日本サッカー世界で勝つための戦術論」(青春新書INTELLIGENCE)2009.11刊行
西部 謙司著 /青春出版社 730円 2009.11刊行
戦術論の第一人者が語る、日本代表の現在地と未来地図。ワールドカップに臨む日本代表がどういう「考え」のもとにプレーしてきたのか、つまり戦術はどうなっているのかということを、できるだけわかりやすく解説。

サッカー日本代表システム進化論」(学研新書)
西部謙司/学研パブリッシング 740円 2010.2刊行
それぞれの時代のサッカー日本代表チームは、どのような考えの下に作られてきたのか-。歴代の日本代表監督が採用してきたシステムを、当時の監督、選手へのインタビューをまじえて検証し、日本代表の未来形をあぶり出す。


文庫1冊
W杯に群がる男たち 巨大サッカービジネスの闇」(新潮文庫)
田崎 健太著/新潮社 476円 2010.2刊行
2002年、日韓共同でアジア初のサッカーW杯が開催された。世界中から数多の人たちが押しかけ、大成功を収めた祭典の裏には、招致に賭ける男たちの熾烈な争いがあった。協会内の権力闘争、放映権ビジネス、スポンサー契約。FIFA、UEFA、電通、コカ・コーラ、アディダスなど、各国企業が繰り広げたマネー戦争の真相を描く、傑作ノンフィクション。


その他7冊
サッカースカウティングレポート 超一流のゲーム分析
小野剛/カンゼン 1600円 2009.2刊行
プロの現場では、どのような情報収集が行われているのか。分析する際のポイントはどこなのか。日本代表の最前線で分析を続けたスペシャリストが、サッカーの本質を知るための究極の観戦術を明かす。スカウティングノート付き。

オランダに学ぶサッカー戦術練習メニュー120
林雅人監修/池田書店 1500円 2009.12刊行
チームのスタイルを考えるシステムの基礎、ゲームの分析法、オフェンス・ディフェンス・攻守の切り替えの課題を解決する練習メニューなど、現代サッカーの基盤を築いたオランダの指導メソッドを図解。

神の足 サッカースーパースター技術録
西部 謙司著 /コスミック出版 1500円 2010.1刊行
カカ、ジダン、ベッカム…。現代スター11人から、珠玉のレジェンド、個性派スーパースター、著者お気に入りの個性的不思議系選手まで、サッカーの天才たちの「神技」を解説する。

野人伝
岡野雅行著/新潮社 1300円 2009.12刊行
こんなサッカー人生、ホントにアリ!? 完全無名選手が突如プロデビュー、快速フォワードとして一躍脚光を浴び、日本をW杯に導く歴史的ゴールを決める! サッカーも人生もすべてを明かす、「野人」岡野雅行の半生記。

ブラジ流
瀬尾温知 東洋出版 1333円 2009.12
ブラジル人は困難に行き当たったとき、ジェイチーニョ(臨機応変な解決策)を発揮して抜け道を探りだす。その豊かなアイディアこそが、ワールドカップを5度制覇したカギである-。ブラジルにおけるフッチボールの日常を綴る。

フージーズ  難民の少年サッカーチームと小さな町の物語
ウォーレン・セント・ジョン著 北田 絵里子訳/英治出版 2200円 2010.2刊行
心を閉ざした町。哀しみを抱えた人々。大切なことを教えてくれたのは、サッカーだった-。難民の少年サッカーチームと町の人々の「変わっていく勇気」を描いた奇跡のノンフィクション。
公式サイト:http://www.eijipress.co.jp/fugees/

荒れ地に花は咲く サッカーへたくそ少女、なでしこジャパンの飛躍を支える
池田浩美著/アートヴィレッジ 1,429円 2009.11刊行
高校からサッカーをはじめ、持ち前のサッカー感性と練習の日々で“なでしこジャパン”に選抜され、そしてキャプテンへ。北京五輪後引退した池田(磯崎)浩美が、“なでしこジャパン”活躍への道のりと、サッカー人生を語る。


今年はW杯開催の年ということもあり、今後も続々とサッカー本が刊行のようです。twitterの方では情報を入手次第、また随時つぶやいていきますが、ブログの方でもある程度溜まったらまた紹介したいと思います。

スポンサーサイト
2010.01.30 14:19 | サッカー本 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/909-473b2b93

| ホーム |