yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
開幕戦は米本が負傷で欠場、梶山・石川がベンチスタート。羽生・徳永がボランチ。
開始直後に右サイド松下のFKを中村北斗が頭で合わせるものの、左ポストを叩く決定的なシーン。しかしその後はお互い組み合わせを探るような時間帯が続く中で、横浜は山瀬・狩野がサイドで起点となり、そこから周囲が絡んで縦や中のコンビプレーを狙う、詰まった時には時には内に絞る東京の逆サイドの大外を狙うと行った形で、徐々に試合のリズムを掴んで行きました。

東京も中盤ではボールを拾えていたんですが、そこから縦へ入れるボールが前や中盤でうまく収まらず、そこから繋ぐボールも落ち着かなくて、横浜の厳しい中盤・最終ラインの守備になかなか起点を作ることができていませんでした。雨でスリッピーなピッチだった影響はあったと思いますが、カウンターを意識するあまり縦に急ぎ過ぎたのかな?という部分、もう少し狭いところだけでなく、逆サイドとかピッチを広く使う大きな展開の組み合わせがあっても良かったかもしれないですね。

東京は前線へのロングボールも多くなる中で、中澤・小椋の厳しい守りに前線の平山も苦戦。跳ね返されたセカンドボールは球際で身体を張った横浜が拾う事が多く、我慢の時間帯が続きました。横浜は勇気を持って縦に楔を入れた時は前線にボールが収まるのでいい形を作っていましたね。狩野はプレーの精度にムラがありましたが、脅威と感じた山瀬のドリブルは椋原が粘り強く対応していましたし、今野・森重のCBコンビはそういう展開の中で非常に落ち着いていました。

そんな状況が続く中、横浜も徐々にアタッカー陣の前でボールを引き出す動きが減ってそのリズムは停滞。東京も鈴木達也のボール奪取からたびたびカウンターを狙い、また羽生が起点となった縦の楔で、中村北斗が前を向いてサイドに流れた鈴木達也とのコンビプレーからゴールを狙った場面、平山がエリア付近で前を向いて短いクロスを入れた場面などチャンスは作るものの決め手に欠けました。残念ながら松下・中村北斗のポジションチェンジもあまり効果的ではなかったですね。


後半も局面局面でいい場面はあるものの、ボールが落ち着かず続かない状況は変わらず。横浜も狩野や長谷川があまりボールに絡めなくなり、山瀬の個人技やセットプレーでチャンスをうかがうしかなくなってきていました。横浜が61分に狩野を諦めて坂田を投入すると、東京も64分に梶山、69分に石川を投入。やはり梶山と石川が入ったことによって東京は目に見えて中盤のボール回しが落ち着き、特に梶山の独特のボール回しが増えて行くにつれて、会場を含めた全体の雰囲気も変わってきたように感じました。

さらに東京が赤嶺を投入したのに対し、横浜はバランス感覚に優れた清水を投入するものの、全体的に流れを整理出来ず選手の動きも被ったりで、個の打開局面に頼らざるをえなくなってきていました。そんなロスタイム、横浜が攻め切れずにボールを奪われ梶山を起点としたカウンター、赤嶺が絶妙なポストで石川に展開すると、石川は小椋を振り切って前に進出、赤嶺が斜めに入って相手DFを引き付けると、長い距離を走った平山へ石川が絶妙の折り返し、これを平山が決めて決勝点となりました。


やはり羽生・徳永のボランチコンビも短い期間しか準備期間がなかった中で、よく奮闘していたと感じましたが、攻撃の組み立てという点でピッチをどう広く使うのか、周囲との連携も含めてもう少しイメージを持ちたいところですかね。ただ単発でしか攻撃の形を作れず、相手にいいボールが入ることも少なくなかった難しい試合で、粘り強く守って先に点を許さなかった、今野・森重を中心とした守備の安定感は、この試合で最終的に勝利を引き寄せた大きな要因になりました。

この試合抜群の存在感を感じさせた梶山・石川という余力を残していたのは大きかったですね。そして厳しい時間帯に長い距離を走った平山の存在感は大きかったですが、二列目に入った松下はうまく左サイドに流れてカウンターの起点となったり、精度の高いFKやクロスでチャンスを演出するなど、十分にその起用に応えていたと思います。中村北斗もところどころで周囲とのコンビのズレを感じた部分もありましたが、前を向いた時のプレーやクロスには光るものも感じました。

この試合では赤嶺の貢献度の高いプレーにも目を見張るものがありましたし、攻撃陣の活性化という点では十分に期待できそうです。まだまだこの段階でレギュラー確定したわけではないわけですし、切磋琢磨してどんどんいいプレーを見せて欲しいと思えました。あとは徳永・羽生のボランチコンビも、今回の反省点を次戦以降の試合に活かしたいところ。何はともあれ2006年以来ということですが、開幕戦を勝利で飾れたのは大きかったですね。次の浦和戦に向けて気持ちも新たに頑張っていきましょう。


【FC東京】SH9(枠内5) CK1 GK15 オフサイド3 Keep44%
GK権田
DF椋原、森重、今野、長友
MF中村(→'69石川)、徳永、羽生(→'64梶山)、松下
FW鈴木(→'76赤嶺)、平山
SUB:GK塩田、DF平松、キム・ヨングン、FWリカルジーニョ

【横浜】SH12(枠内5) CK4 GK12 オフサイド4 Keep56%
GK飯倉
DF藤田、中澤、小椋、田中
MF兵藤、金井、(→'92バスティアニーニ)、狩野(→'61坂田)、山瀬
FW長谷川(→'79清水)、渡邉
SUB:GK榎本、DF天野、波戸、MF河合

【得点】
東京:91分平山

スポンサーサイト
2010.03.07 14:03 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/918-240bd0e7

| ホーム |