yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
浦和戦の敗戦を受けて臨んだC大阪戦はスコアレスドロー。守備では平松が森重の欠場を感じさず、攻撃面では浦和戦より改善は見られたものの、結局得点は奪えませんでした。その辺梶山抜きの攻撃陣の課題は残りましたが、こういう時こそ攻撃陣の奮起に期待したいところ。いかに勝ちきるかが大きなテーマになるこの試合の予想布陣はこんな感じです。

GK権田
DF椋原、森重、今野、長友
MF徳永、羽生、石川、北斗
FW赤嶺、平山

この試合ルーキーの重松がとうとうベンチ入りするとか。もちろんチャンスがあればになりますが、出場したららしいプレーが見たいところですね。


対する大宮は開幕戦C大阪に快勝したものの、その試合でラファエルが負傷離脱してしまい、仙台・鹿島相手に連敗。負傷していた村上は復調しつつあるようですが、鹿島戦で負傷交代した藤本の出場は微妙な状況。前線のラファエルに加えて貴重なアクセントとなっていた藤本が欠場となると、大宮的には痛いですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK北野
DF杉山、深谷、マト、坪内(村上)
MF安英学、土岐田(藤本)、橋本、金澤、内田
FW石原

布陣は4バックに安英学をアンカーに置いて、石原1トップの4-1-4-1。安英学・橋本・金澤でボールを動かしてサイドに起点を作り、SBが積極的に攻撃参加をして数的優位を作って、石原の動き直しからのスペース突く動きでゴールを狙ったり、サイドに寄せて作り出した中のスペースから安英学、橋本辺りのミドルシュートもありますね。セットプレーで橋本の精度の高いキックを活かして、マトの高さを活かしてくる形も注意が必要です。

大宮はコンパクトな布陣を維持して積極的にプレスを掛け、高い位置からボールを奪って攻守の早い切り替えからカウンターを狙ってくるという戦い方になるでしょうし、中盤でしっかり繋いで攻め切って相手のリズムを作らせないこと、あとはサイドで起点を作られた時の石原の動き直し、二列目からの飛び出しには注意したいところですね。前に人数をかけやすい布陣だけに、受身になって波状攻撃を食らわないことも重要でしょう。

大宮は両SBが積極的に攻撃参加する分、その裏のスペースは狙いたいところ。CBの2人は対人には強いものの、高い位置取りをした時の微妙なバウンドへの対応などには微妙なプレーを見せたりもしていました。またプレスに来る大宮相手にボールをうまく動かしてそのプレスをかわせば大きなチャンスに繋がるはずです。平山の起点となる動きもうまく活かして、石川・赤嶺にいい形でボールを入れていきたいですね。

どちらも大崩しないだけの守備力はあるだけに、ロースコアの展開になりそうな可能性が高そうです。だからこそ先に点を奪うことが大きなポイントになります。平山・赤嶺の前線になってボールの動かし方が徐々に良くなってきた部分もありますし、先制点を奪うような展開を作り出してこそ、東京の持ち味も活きてきます。いかにそういう展開に持ち込んでいくか、東京のチャレンジに期待しています。

スポンサーサイト
2010.03.27 15:22 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/941-68b07591

| ホーム |