yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
しばらく仕事の方で忙しい状態が続いて、当日になってしまいましたが、今晩鹿島戦があります。川崎戦の敗戦の後だけ難しいところでしょうが、城福監督はうまく気持ちを切り替えるよう持ってくるでしょうし、二日間の非公開練習を行って集中力を高め、マイナスをプラスに転じる努力はしているはずです。

梶山の復帰はもうしばらく掛かりそうで、今野は驚異的な回復力を見せてはいるものの、出場するか微妙な状況のようですね。最終ラインの構成は気になるところではありますが、中盤より前は徐々にメンバー固まりつつあるだけに、ビルドアップをどうシュートまで繋げられるか、その熟成に期待したいところです。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF椋原、森重、今野(キム)、長友
MF羽生、徳永、中村、石川
FW平山、鈴木

やはり鹿島戦は特に先制点が重要なポイントになります。先に点を奪って、大竹・重松でチャンスをうかがうような展開にもっていきたいですね。


対する鹿島は前節仙台戦で開始直後に失点し、マルキーニョスも退場し敗れました。そのマルキーニョスは二試合出場停止となってしまいましたが、代わりに入るのは出場機会に飢えている大迫で、元々力のある選手ですし昨季はゴールも決められています。野沢・遠藤も点を取る力がありますし、マルキーニョス欠場の影響はほとんどないと思うべきでしょう。予想スタメンはこんな感じです。

GK曽ヶ端
DF内田、岩政、李正秀、新井場
MF小笠原、中田、野沢、遠藤
FW大迫、興梠

ベースの4-4-2は岩政・李正秀の高さ・強さのあるCBに、サッカーをよく知る小笠原・中田が中盤の底でゲームを引き締めて強固なことが鹿島の強みです。ここが安定しているからこそ、前線に良いボールが入ったり、二列目の野沢・遠藤がのびのびとプレー出来ますし、SBの攻撃参加といった攻撃の厚みも生まれています。爆発的な攻撃力があるチームではありませんが、要所要所の集中力はさすがです。

鹿島相手とした時にまず注意しなければいけないのは、早い時間での失点。小笠原・中田といった精度の高いフィードを持った選手がいるだけに、裏を狙って深い位置で興梠が仕掛けるような形を作らせないことがひとつ重要になります。鹿島が前に人数を掛けずに相手の隙を突いて点を奪えてしまえば、巧みなカウンターを繰り出せるチームだけに、それこそ相手の思うつぼです。

主導権を握るべくラインコントロールでやりくりするのか、思い切って二枚のブロックを作って対処するのかは、一長一短です。ただ興梠や遠藤はサイドからいいタイミングで入ってきますし、野沢もいい位置でボールを持ったら積極的にゴールを狙ってきます。サイドを起点にした仕掛けから絶妙なボールが入ってきますし、受けに回るよりはビルドアップの起点であるSB-ボランチの連携を潰す方が効果的でしょう。

また先述のようにCB・ボランチの中央4枚が強固で、この前の仙台戦のようなミスはそうそう起こりません。SBがあまり守備が得意ではなさそうな印象だけに、サイドで数的優位を作って突破することでギャップを作り、必ずどこかにできるスペースをどう突いていくかがポイントになるでしょうか。先制点を奪えば鹿島の戦い方も変わるでしょうし、先に点を奪って東京のスピードが活きるような展開に持ち込みたいですね。

今の東京は良くも悪くもいつも真っ向勝負で、相手に合わせて戦うようなことをしていません。まだ力の足りない現時点で力が上の上位相手に苦戦しているのは、正直理由のないことではないと思いますが、逆に言えば勝負しないと、どこまでできてどこまでができないのか、見えてこない面もあります。ここしばらくは簡単でない試合が続くとは思いますが、序盤の試行錯誤はきっとこの先に活きてくると信じています。

スポンサーサイト
2010.04.10 10:44 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/960-fb4b64c4

| ホーム |