yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京は長友を右SB、キム・ヨングンを左SBに配し、松下がスタメン復帰、FW重松が初スタメン。対する鹿島はマルキーニョスが二試合出場停止で大迫がスタメン。

重松を先発起用して前から追いかけるという入り方をチョイスした東京は開始直後に今野が得たPKを平山が決めて先制。先制されること多かった鹿島戦で先制できたのは多かったですね。その後は鹿島の連続CKなど反撃をしのぐと、やや平山や裏を狙うロングボールを入れるような展開が多いながらも、セカンドボールを拾ったり、鹿島から奪ったボールをうまく繋いだりで全体を押し上げてチャンスをうかがいましたが、このリズムを作り出していた時間帯に追加点は奪えず。

鹿島は先制され前線の興梠・大迫にボールが収まりませんでしたが、無理をしませんでした。じっくりと繋いでキープの時間を作り出して東京のリズムが停滞。さらに左サイドの遠藤・新井場を起点とする攻めに、CB李正秀のドリブルからの攻撃参加、ボランチも絡んで石川・長友の攻めを封じ、数的優位を作り出すと、東京もそこに人数をかけざるを得なくなってバイタルエリアが空き、そのスペースをたびたび突かれて小笠原がミドル、そのこぼれ球を興梠が詰めて同点に追いつかれてしまいました。

後半もペースは変わらず、冷静に的確なポジショニングからボールを前に運ぶ鹿島がリズムを掴み、東京は時折カウンターからチャンスを見出そうとするものの、前線へボールがうまく繋がらず苦しい我慢の時間帯に。そんな中で羽生の大きな展開から石川が右サイドからクロス、曽ヶ端が弾いたボールを重松が、羽生・重松が仕掛けたこぼれ球をキムヨングンが、そして重松からパスを受けた石川がCBの間を突破してゴールを狙うも得点を奪うことはできず。

東京にも何度かチャンスはあったものの、全体から見れば多少のミスをミスと感じさせない手堅いゲーム運びで、カウンターやセットプレーで勝ち越しを狙う鹿島を相手に、難しい展開が続いていました。東京はそんな中で67分にリカルジーニョを投入。その空気を読まない独特のリズムで前線が勢いを取り戻した東京は、そのリカルジーニョからチャンスを作り出し、82分には椋原を投入して長友を前線に上げる布陣で勝負に出ましたが、リカルジーニョの決定的なカウンターはゴールならず。1-1で引き分けに終わりました。


鹿島相手に早い時間帯に得点を奪えて、鹿島の前線にボールが収まらない展開に序盤に東京がリズムを掴めましたが、ここで攻めきれなかったことで鹿島がゲームを落ち着かせ、前半の半ば過ぎから後半の半ばくらいまでは、逆に東京に我慢の展開が続きました。正直このまま続くとかなり厳しいと感じましたが、ここで赤嶺・鈴木達也でもない、リカルジーニョの投入だったからこそ試合の流れが変わったのでしょうし、椋原投入で長友を一列上げたのは難しい展開の中で攻守のバランスを考えての起用だったんでしょうね。

重松、キムヨングンもうまく流れに入っていました。重松は周囲との絡みも意識しながらプレー出来ていましたし、キム・ヨングンはスタメン復帰した松下ともうまく絡みつつ、流れを変えるサイドチェンジやボールの持ち方に雰囲気を感じさせてくれたと思います。勝ち越すチャンスもありましたが、それは向こうも同様で、苦しい時間帯が長かったことを思えば、そこをよくしのいだとも言える試合。ゲーム運びという点ではまだ鹿島との差は感じましたが、多くの観衆がいる中で集中力を切らさずに、最後まで戦い抜くことができたという点で、チームの成長を感じられた緊張感のあるいいゲームでした。


【東京】SH12(枠内6) GK12 CK3 オフサイド4 Keep47%
GK権田
DF長友、森重、今野、キム・ヨングン
MF徳永、羽生、石川(→'82椋原)、松下
FW平山、重松(→'67リカルジーニョ)
SUB:GK塩田、DF平松、MF中村、FW赤嶺、鈴木

【鹿島】SH13(枠内6) GK10 CK7 オフサイド1 Keep53%
GK曽ヶ端
DF内田、岩政、李正秀、新井場
MF小笠原、中田、野沢(→'88青木)、遠藤(→'61フェリペ)
FW大迫(→'79佐々木)、興梠
SUB:GK杉山、DF大岩、當間、MF小谷野

【得点】
東京:'4平山
鹿島:'39興梠

【警告】
東京:'50重松
スポンサーサイト
2010.04.11 11:58 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/962-a9388200

| ホーム |