FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

水曜はナビスコ、大宮戦ですね。ただ、権田、徳永、長友、石川など、連戦が続く中で負傷やコンディションが十分でない選手には無理させない模様。塩田や赤嶺、そしてボランチにコンバートされている草民ら、今季これまで出場機会に恵まれなかった選手が出場するということで、違った意味で楽しみな一戦になりそうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK塩田
DF椋原、森重、今野、キム
MF松下、草民、鈴木、中村
FW赤嶺、リカルジーニョ

草民のボランチがどう機能するかは注目です。またこの前の鹿島戦で存在感を見せたリカルジーニョにも期待が集まるところです。


対する大宮はリーグ初戦のC大阪戦こそ快勝したものの、その後はラファエル・藤本と攻撃の軸を欠いたことで苦戦しています。負傷で一時期欠場していた石原も復帰した模様で、先日の試合でも冷静にゴールを決めた藤田と2トップを組んでいます。リーグ戦の対戦時からは青木・金久保といった選手が台頭して中盤に起用されるようになっており、若干メンバーが変わっているようですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK江角
DF杉山、深谷、マト、村上
MF安英学、青木、内田、金久保
FW石原、藤田

大宮はコンパクトな布陣をベースとした4-4-2で、中盤からのタイトなチェックと深谷・マトの両CBを軸とした粘り強い守りでボールを奪い、攻守の早い切り替えからカウンターを狙ってきます。精力的な攻撃参加を見せる杉山・村上の両SBがサイドに絡んで数的優位を作り、巧みなボールの引き出しからゴールを狙ってくる石原・藤田の2トップは運動量が豊富で、前高い位置でボールを奪われないよう注意が必要でしょう。

前線の石原・藤田両選手の実力はある程度予想つくわけで、悪い形でボールを奪われない、中途半端なプレーをなくすことで、その脅威を減ずることは必ずしも難しくないはずです。むしろ青木・金久保といったこのところ中盤の起用されている若手の思い切りのよいプレーの方が、こういうカップ戦では怖いですし、侮らないようにしたいところ。またマトの高さを活かしたセットプレーには注意でしょう。

前線からの献身的な守りでリトリートしてくることから、2ブロックで固めてガッチリと守られると崩すのは容易ではありません。ただ、アンカー役を務める安英学はそのポジションにしては動きすぎる印象で、低い位置からのボール回しで優位に立てれば、安英学を引き出すことでチャンスを作り出せるはずです。またSBは積極的に攻撃参加することから、カウンターを狙う際にはそのスペースを有効に使いたいところですね。

メンバーが大きく変わることで、どうしてもボール回しという点では円滑にはいかないでしょうし、いつもよりもフォローの意識を高くしていくことが重要です。今季ボランチにコンバートされた草民も技術的な意味では心配していませんが、やはり攻→守の切り替えといった面で、実際どこまでできるのか分からない面もあるだろうとは思います。その辺は補い合ってお互いの持ち味を引き出す戦い方をしていきたいですね。

スポンサーサイト



2010.04.14 07:21 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/966-d03baca0

| ホーム |