yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
鹿島に引き分け、G大阪・広島に連敗と、試合巧者との試合が続いたことはあったにしても、なかなか競り勝てない状況は、シーズン当初から懸念されていた得点力不足、勝負どころで踏ん張り切れない若さが露呈し、現時点での厳しい現実を突きつけられた格好です。いずれの相手も万全ではなく、その相手を打ち破るだけの力がなかったことは、事実として受け止めないことには前に進めません。

その上で中断前の残り3試合、仙台戦・山形戦・清水戦をどう戦えるかは重要です。仙台・山形は現時点で少し上の順位にいる、東京が当面追い越さなければいけない相手ですし、清水は浦和との大一番を制して首位に立つ、現在もっとも波に乗っているチーム。ここでリズムを作り清水といい勝負ができれば、いい形で中断期間に入れます。まずは初戦の仙台戦、気持ちを切り替えて臨みたいですね。


東京は仙台戦に臨むにあたって、開幕以来ボランチを務めていた徳永を本来の右SBに戻し、羽生をボランチに置いて梶山と組ませる形を取るようですね。椋原やキム・ヨングンも持ち味を出していたとは思いますが、やはり両SBに馬力のある2人を置くと、サイド攻撃にも迫力が出てきます。相手もサイドからの攻撃が持ち味なだけに、攻撃力で相手の攻めを封じようという意図もあるのかもしれませんね。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF徳永、森重、今野、長友
MF羽生、梶山、石川、鈴木
FWリカルジーニョ、平山

途中交代した平山や、リカルジーニョはゴールに近づいていると思えるプレーも増えてきましたし、期待しています。梶山が戻ってきた今、これからが反撃といきたいところです。


対する仙台はここまで3勝2分4敗の8位。開幕から磐田・大宮相手に連勝し、鹿島にも2-1で勝利していますが、それ以降は清水・神戸・湘南相手に3連敗、前節C大阪に1-1でドローと波に乗れない状態。また今節は右SB菅井が負傷欠場の模様で、田村が出場予定。また東京U-18出身の鎌田が8節よりスタメンでCBに入り、前節はセットプレーからゴールを決めていますね。予想スタメンはこんな感じです。

GK林
DF田村、エリゼウ、鎌田、パクチュソン
MF千葉、冨田、太田、リャン・ヨンギ
FW中原、中島

ベースとなるのは4-4-2の布陣。太田・リャンヨンギの両サイドが頻繁にポジションチェンジを行いながらサイドで起点を作り、そこにSBの攻撃参加を絡めてチャンスをうかがってきます。太田・リャンヨンギの両サイドはタイプこそやや違うものの、いずれも精度の高いキックでセットプレーやクロスでゴールを演出するだけでなく、自らも積極的にゴールを狙ってきます。2トップ中原の高さ・泥臭いゴールを狙ってくる中島は要注意と言えるでしょう。

仙台の生命線は二列目のリャンヨンギ・太田に高い位置でボールが収まって、周囲のサポートを得られるかどうか。まずは前線の2トップに厳しく当たって潰し、セカンドボールを確実に拾う事、ボランチに確実にプレッシャーを掛けて二列目へのパスの精度を落とすことです。最終ラインのフィードの精度はそれほどでもないですし、前でボールが収まらなければ、コンパクトな布陣を維持出来ませんし、ボールを蹴る距離が長くなれば、前線を孤立させることは難しくありません。

仙台が前から食いついてくるようなら、梶山を起点としたボール回しでそのプレスをかわしてリズムを掴みたいところ。またCBエリゼウの跳ね返す高さはあるものの、逆にCBは積極的にチェックに来るタイプで、そこで勝てなかった時にできる最終ラインのギャップや、CBが前に出たところにできるスペースに対して中に絞りきれておらず、積極的なチェックが不発に終わった場合、それをうまく繋げばチャンスを作ることができるはずです。

また攻撃参加が得意の仙台の両SBはやや守備に難がある模様で、梶山を起点とした大きな展開、サイドチェンジなどの横の揺さぶりで相手SBを孤立させ、そこに素早く数的優位を作って突破し、サイドから速いボールを入れる形もありでしょう。前には強いCBもスピードはなく、戻りながらの守備は必ずしも得意ではない印象。サイドからの突破にフィニッシャーがニア・ファーのポイントに確実に入り込む形を作って、それを得点に繋げたいですね。

ここのところ急激に気温が上がり、またGWを挟んで連戦が続く状況を考えると、ハイペースで一試合戦うことは得策ではなく、チームの戦い方、得点力を考えても、先に点を奪って自分たちのリズムを作り、ポゼッションで相手の焦りを誘って、隙を突いて行く戦い方が理想なのは言うまでもありません。どちらも勝ちがないチーム状況では、やはり先制点が大きくものを言います。序盤の戦い方が重要になりますし、早い時間で得点を奪い、流れを引き寄せたいところですね。

スポンサーサイト
2010.05.04 16:14 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/995-81aa98d6

| ホーム |