FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

東京は前節に引き続き梶山がスタメンに入り羽生と組んでボランチに。徳永が本職の右SBに戻り、二列目には鈴木達也を起用した布陣。対する仙台はエリゼウ・菅井の負傷で最終ラインに田村・渡邉を、また戦術的な理由からか、ボランチにベテラン永井を起用する若干メンバー変更した布陣でスタート。

序盤、仙台が左サイドで梁勇基・朴桂成、右サイド関口が仕掛けた時間帯をしのぐと、開始5分にピッチ中央で梶山を起点としたフィードから石川が右サイドの裏をとって低いクロス、これをリカルジーニョが中央でスルーしてファーにフリーの平山が詰めるも、そのシュートは左にそれる。東京にしてみればこの試合初めての、そしてもっともイージーだった決定的チャンスだけに、正直に言えば決めておきたかったシーン。ここで平山が先制点を決めていれば試合を楽に進められたはずです。

この試合の東京は無理に前から追わずにコースを制限するに留め、中盤で繋ごうとする仙台の意図を封じ、最終的に選択肢のなくなった仙台最終ラインからボールを蹴らせ、前線を抑えてボールを収めさせない、繋がせないことに成功していました。そのため仙台はスローイン等を起点としたサイドからの仕掛けで単発的にチャンスあっても、その攻めの多くは単調でボールを失い、東京はボールをポゼッションしてうかがう形を作れていました。

それもあって仙台にセットプレーやクロスのこぼれ球からチャンスを作られた時間帯こそあったものの、その攻めは徐々に単調になって失速。前半半ば過ぎから梶山を起点にサイドに流れるリカルジーニョを使って東京がチャンスを作るようになり、リカルジーニョのカウンター、徳永のミドルや、梶山のドリブルから平山が絡んでリカルジーニョが決定的な場面を作るも、ゴールを奪うことができず。後半開始直後にも鈴木達也がカウンターから仕掛けましたが鎌田に潰されてしまいました。

しかし直後には梶山が自陣エリア付近でキープする時間が長くなってボールを奪われてしまい、中原にポストに当てられる危ない場面も。61分に松下が投入されて鈴木達也が前線に上がってからは、暑さもあってか受身の時間が長かった仙台の足が先に止まり、東京がチャンスをうかがう時間が続くも攻め切れず。そしてまだ万全でない梶山が、68分に時間切れで中村北斗と交代。徳永をボランチへ移して中村北斗が右SBに入る形に。対する仙台はFW中島に代えてMF太田投入で1トップの布陣に。

そして73分に東京が赤嶺を投入する頃には両チームとも消耗が激しく、相手のボールロストからカウンターを狙う展開に。ブロックを作る仙台に対し、東京は右SBに入った北斗からクロスが入る形は作るものの、クロスの精度に問題があったりで中の動きが合わず、平山のポストからチャンスを作るものの、林の好セーブもあってゴールに繋がらず。逆に仙台も関口のドリブルから梁勇基がミドルを放つも枠の右に。お互い得点を奪えず0-0のスコアレスドローに終わりました。


この試合は得点を奪えなかったことに尽きますね。
危ない場面も何度か作られましたし、自陣での梶山ボールロストはやってはいけないプレーですが、どんなに試合を優位に進めていても、危ないシーンは起こりえます。細かい修正点はあるにしても、基本的に仙台の良さを消すという点ではやるべきことをやっていたわけで、それで先に点を奪えず、時間の経過とともに点を奪えなくてリスクを追って攻めるようになれば、守りも必然的に危うくなってしまいます。

平山の決定機は言うまでもありませんが、仙台の守り方を見ていた感じだと、大きな展開からサイドの裏を狙う攻めは、もっとあっても良かったと思いました。あとはもうパスワークからのゴール前でのボールの呼び込みや、サイドからの仕掛けに対して、前線の選手が中の動き直しの精度を高めて、駆け引きで優位に立てるようになって欲しい。。。とこなんでしょうか。どうも東京の試合だけ見ていると、ゴール奪うのってホントは大変なことなのか?と勘違いしてしまいそうです(苦笑)

この試合梶山いなくなってどうなるのかと思いましたが、仙台がブロックを作って中を固めてきたため、結果として右SBに入った北斗のクロスからチャンスを作れたのは収穫。ただ中の選手の課題もあるけれど、キックの蹴り分けができる北斗だからこそ、もっと意志を込めたクロスが欲しいところ。それにしてもゴールをどう増やしていくかという課題は、チームで工夫していけばある程度改善する問題なのか、選手の組み合わせなのか、あるいは。。。城福監督ならずとも頭を抱えたくなる問題です。


【東京】SH15(枠内7) GK8 CK2 オフサイド0 Keep60%
GK権田
DF徳永、森重、今野、長友
MF梶山(→'68中村)、羽生、石川、鈴木(→'73赤嶺)
FWリカルジーニョ(→'61松下)、FW平山
SUB:GK塩田、DFキムヨングン、DF椋原、FW重松

【仙台】SH4(枠内3) GK16 CK3 オフサイド4 Keep40%
GK林
DF田村、鎌田、渡辺、朴桂成
MF永井(→'80富田)、千葉、関口、梁勇基
FW中原(→'88平瀬)、中島(→'68太田)
SUB:GK桜井、DF一柳、MF斉藤、フェルナンジーニョ

【得点】
なし

【警告】
東京:'39リカルジーニョ、'54梶山、'70平山
仙台:'46鎌田

スポンサーサイト



2010.05.05 22:25 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/997-bb233cf8

| ホーム |