FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前節は札幌相手に残念なスコアレスドローに終わりましたが、連戦で東京Vとの東京ダービーがあります。札幌戦は反省点もあった試合でしたが、それはそれで気持ちを切り替えて次の試合に何ができるのか、どうすべきなのか考えて臨むことが大切です。今年が簡単な一年にはならないことは分かっていたこと。ここで勝って気持ちを切り替えたいところですね。とりあえず予想スタメンは前節と同じメンバーにしました。



重要なのは先に点を奪うこと、奪えなかった時にどう攻めの形を作っていくのかを考えることです。FW陣の状況は気がかりではありますが、羽生や上里など起用法で考えられる手もあるはず。そこはよくよく考えて欲しいところですね。


対する東京Vはここまで熊本に0-1、愛媛に1-2、鳥栖に1-3と3連敗。チームとしていい時間帯も作ってはいるようですが、先に点を失ってしまって苦しい戦いを強いられている状況が続いているようです。前節から選手登録の遅れていた土肥が復帰しましたが流れは変わらず、苦しい試合が続く今だからこそ、この東京ダービーに勝って流れを変えようという気持ちも強いかもしれません。そういう意味で油断は禁物でしょう。予想スタメンはこんな感じです。



ベースとなるのは4-4-2の布陣。前節鳥栖戦では河野がやや引き気味の4-5-1気味の布陣でしたが、後半平繁が投入されてからの布陣にも手応えを得ている模様で、あるいは平繁が起用されるかもしれないですし、あるいは東京ダービーだからこそ、ユースの対抗心を期待して、そのまま高木などが起用される可能性もあるかもしれませんね。その辺は連敗中ということも考えれば何に期待するかで布陣も変わってくるでしょう。

基本的には最終ラインからのビルドアップがベース。中盤の個々の技術は高く、リズムに乗った時のダイレクトを交えたテンポの良いパスワークにはさすがと思わせるものがあります。前線の平本はパワフルで局面を打開する力があり、左SBの森もJ2だとさすがに存在感を感じさせる存在です。河野・菊岡といった選手たちの技術の高さは確かですし、セットプレーでは平本に加えて、土屋・深津の高さを活かしてくるようです。

ヴェルディの攻撃を封じるためには最初にサイドに作られることの多い起点と、縦への楔を封じることです。技術の高さは疑いようがないですが、どうしても足元へのボールが多く、ボールを引き出す動きも少ないため、目標を定めてそこを確実に潰していけば、横パスが多くなりますし、長いボールを確実に対処してセカンドボールを拾っていけばその攻め手は確実に減らせるはずです。それでもサイドチェンジからの森の仕掛けは局面を打開する力がありますが、早めのチェックで潰していきたいですね。

守備でいうと最終ラインに土屋の存在感があり、そのカバーリングで救っている場面も多いですが、その土屋は積極的にアプローチに行くタイプで、そこがかわされると周囲のフォローも遅れがちです。FW陣がサイドに流れて土屋を引き出し、空いたスペースをうまく突いていく攻めは有効だと感じました。相手のリズムが悪い時はやはり横パスが多くなりますし、最終ラインと中盤の齟齬から、中途半端なを引っ掛けてカウンターを狙う形はこれまでのゲームもありました。それを再現出来れば理想的でしょう。

これまでの相手と違って守備でブロックを作ってスペースを消してくるチームではないですし、言い方は悪いですがそういう戦い方ができるチームでもありません。またいい時間帯を作り出した時は侮れませんし、上手くハマれば点を取る形を作り出しますが、その形を作る回数はまだ圧倒的に少ない。ポテンシャルはあるのかもしれませんが、守備的に戦っていない分隙もあり、三連敗したことにも理由はあったと感じます。相手も強い気持ちで臨んでくるでしょうし、簡単な試合にはならないとは思いますが、やはりチームとしてここで勝って勢いを取り戻したい一戦ですね。


※リーグ戦東京ダービーの通算成績
FC東京6勝2分4敗

2001年3月10日1st第1節(東スタ 44,030)
○FC東京2v-1東京V
25分三浦淳宏、 89分(PK)・111分 呂比須ワグナー

2001年11月24日2nd第15節(東スタ 36,052)
東京V1ー0FC東京●
13分永井秀樹

2002年7月24日1st第10節(東スタ 18,088)
東京V2ー1FC東京●
23分アマラオ、 59分 ・63分 (PK)エジムンド

2002年9月18日2nd第4節(東スタ 13,640)
○FC東京2ー1東京V
17分エジムンド、 31分アマラオ(PK)、 57分ケリー

2003年4月5日1st第2節(味スタ 13,222)
東京V2ー1FC東京●
68分ラモン(PK)、 89分飯尾一慶、 89分馬場憂太

2003年11月22日2nd第14節(味スタ 32,781)
△FC東京1ー1東京V
75分阿部吉朗、 89分飯尾一慶

2004年4月3日1st第3節(味スタ 23,136)
○FC東京3-2東京V
18分平野孝、 50分戸田光洋、 64分エムボマ、 71分ジャーン、 80分馬場憂太

2004年8月29日2nd第3節(国立 13,185)
東京V0 - 1FC東京○
88分梶山陽平

2005年7月9日第15節(味スタ 26,298)
△FC東京0 - 0東京V

2005年10月22日第28節(味スタ 21,033)
東京V1-2FC東京○
19分森本貴幸、 43分梶山陽平、 89分ササ・サルセード

2008年4月12日第6節(味スタ 22,503)
東京V1-2FC東京○
43分フッキ、 62分羽生直剛、 89分OG

2008年8月23日第22節(国立 18,431)
●FC東京1-2東京V
28分カボレ、 61分大黒将志、 89分那須大亮

2011.05.03 09:00 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |
前節の千葉戦は残念な結果に終わりましたが、終った結果を悔いても覆るわけではありませんし、まずは連敗しないこと、きっちりと勝って再び流れを取り戻すことが重要です。負傷した米本は平山に続いて長期離脱が濃厚で、本人の無念を思うと残念でなりませんが、昨年ほどの駒不足に悩まされるという状況ではありません。二人がいい意味で危機感を持ってリハビリを頑張れるようなチーム作りを目指して、いい流れを再び作り出していきたいですね。

そんな状況を受けてチームは練習でボランチに梶山を下げて徳永と組ませ、セザーをFW起用する4-4-2を試しているようです。オプションではペドロとセザーの2トップも試されたとか。これまで日本人中心に作ってきたチーム組織に彼らを組み込むという部分を考えると、守備戦術の整備や連携という面でこれからの部分もあるとは思いますが、ブラジル人コンビのコンディションが上がってきているのは非常に心強いですね。予想スタメンはこんな感じです。



サイドに流れる傾向のあるセザーの動きを周囲がどう上手く使っていくか、チームとしても工夫のしどころですね。もちろんブラジル人コンビだけでなく、高松や鈴木達也、谷澤にもゴールに絡む動きを期待します。


対する札幌は開幕戦アウェー愛媛に0-2、ホーム開幕戦湘南に0-1と連敗。ただチームとして守備は安定してきた模様で、二試合連続で無得点に終わってはいるものの、前節対戦した反町監督が試合後「このまま試合をこなしていけば、札幌は非常に怖い存在になる」とコメントし、石崎監督自身も手応えを感じているようです。SB日高がそろそろ戻ってきて、高木を中盤に置く可能性もあるようですが、とりあえず予想スタメンはこんな感じでしょうか。



ベースは4-5-1。ルーキーの三上を1トップ、ボランチ芳賀、最終ラインに河合と軸になる選手が手綱を締める堅実な守備から、キープのあるアンドレジーニョを起点に左サイドから近藤のパワフルなドリブル、岩沼の攻撃参加を絡めたサイド攻撃、逆サイドからも高木純がオーバーラップして攻撃に厚みを持たせてきます。右サイドの古田は積極的にゴール前に侵入してゴールを狙ってきますし、CKではマイナスのボールからのミドルなど、セットプレーも要注意でしょう。

湘南戦でバイタルエリアに入れるボールが少なかった印象ですが、基本的にはトップ下に入っているアンドレジーニョのキープ力とそこからの展開力が攻撃の中心になっていました。そこをまずしっかり押さえて潰す、できなくても攻撃な時間を掛けさせるような守備を意識することが必要です。局面の打開という意味では近藤のパワフルなプレーも気になりますが、相手のリズムで一気にフィニッシュまで持って行かせないことが重要になってくると思います。

札幌の守備を攻略するためにはやはりサイドからの攻略がカギ。鈴木・椋原の右サイド、谷澤・阿部の左サイドにボランチの飛び出しを絡めた攻撃ができれば、局面を打開することはできるはずです。同数では守れない状況を作り出してCBやボランチを引っ張り出し、相手の隙を突いていきたいですね。2トップのゴール前での活躍も期待したいところですが、二列目やボランチのファイニッシュに絡むような動きも重要になってきますね。

ポイントになってくるのは先制点。点が奪えずじりじりした展開になってくると、守備のバランスを維持するのが難しくなってきますし、攻め損なうとカウンターを食らって難しい展開を迫られます。逆に点を取れば相手も人数を掛けてくるでしょうし、隙を突きやすくもなります。相手のCBがさらされるようなカウンターではペドロやセザーのドリブルはかなりの脅威になるだけに、持ち駒を有効に使えるような展開を積極的な仕掛けで作り出していきたいですね。


震災による中断期間前にホーム開幕戦はありましたが、このホーム札幌戦は色々なリスタートという意味で第二のホーム開幕戦のようなもの。勝ってまた再び前を向いて戦えるよう、みんなでチームの後押しをしていきたいですね。個人的には千葉戦は観に行けなかったので鳥栖戦以来の生観戦だったりもします。そういう意味でもとても楽しみです。

2011.04.29 08:00 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |
震災の影響による予期せぬ中断で、チームとしてもサポとしてもなかなか難しい時期が続いていましたが、いよいよ週末から久しぶりにJリーグが再開します。震災を経験したことで、これまで当たり前のようにあったサッカーのある日常が、かけがえの無いものであったことを教えてくれました。この初戦は見に行くことができませんが、そういう日常がまた戻ってきたことを、深く感謝したいと思います。

さて東京は中断期間に前線の軸としてチームを引っ張ってきた平山が骨折で約半年の離脱。石川も復帰の途上にありますが、開幕前から調整を続けてきた新加入の高松が復帰して、好調を維持。またホベルト、ペドロ、セザーといったブラジル人トリオも無事チームに戻ってきて調子をあげつているとか。懸念されたほど悪いことばかりではなく、どうにかこうにかチームも再構築されつつあるようです。予想スタメンはこんな感じです。

焦点はボランチと右SBですが、個人的にスタートはボランチ羽生、右SB徳永と予想。徳永ボランチ右SB椋原は守備強化のオプションなのかなと。練習試合で3アシストを記録したというセザーもコンディションを上げてきているようで楽しみな存在ですね。


対する千葉は開幕戦アウェーの北九州戦を204cmオーロイが3得点に絡む活躍を見せて3-0の勝利。ドワイト新監督のもとでリスタートした千葉は192cmの大型ボランチゲッセルは負傷で出場が微妙なようですが、力のある選手を要所に配置した手堅いサッカーをベースにしつつ、若い選手の伸び代も期待できる、中長期的に見ればなかなか面白い可能性を持ったチームという印象です。予想スタメンはこんな感じです。

ベースとなるのは4-2-3-1の布陣。比較的後ろはやや低めのライン設定でSBも攻撃参加は控えめという形をとりつつ、引いてシンプルなプレーを見せるオーロイ、豊富な運動量でボールを引き出す米倉が起点となって、深井らが絡む攻撃がベースとなっているようです。米倉はサイドにも顔を出して深井らと共にドリブル突破を図ってきますし、やはりセットプレーにおけるオーロイらの高さは要注意と言えそうです。

全体的に見れば手堅く、リスクマネジメントを意識した戦い方をしている千葉は、前線は米倉・深井らが豊富な運動量でカバーし、前でボールを追い込んだ時にはボランチも絡めて人数を掛け、ボール奪取からオーロイに当て、そこを起点に米倉・深井らが絡んでカウンターを狙ってきます。そこでボールを奪えない場合は、そこからさらに人数を掛けるのではなく戻って中央を固め、はね返すことを意識した守備をしてくるようです。

前線のオーロイに起点を作られると守備が苦しくなりますが、そこはチームとして対処を考えたい部分。簡単に良いボールを入れさせないこと、いい位置をとらせないことは意識したい。足元は比較的シンプルなプレーで起点となることの多いオーロイと、前を向かせたら怖い突破力・決定力のある米倉・深井らの周囲との連携を分断し、引きすぎずに高い位置で攻撃の芽を積むことと、セットプレーの数を減らすことは、その脅威を減ずることに繋がるはずです。

やはりまずは米倉・深井がリードする前線のプレスをいなすことです。オーロイやラムといった選手の運動量はさすがに前者2人ほどではなく、バランス的に付け入る隙はあるはずです。そこで奪えなければ戻る千葉に対して、その布陣がしっかりする前に高松・梶山を使って中央の高い位置で起点を作り、そこから一気に攻め切る攻撃をイメージしたいですね。

それで攻め切れなければ前の2人を起点にサイドを広く使って、中を固める千葉の守備に横の揺さぶりを使いたいところ。千葉の守備は人数を掛けている分中は固いですが、ゾーン気味の守備のため、横の揺さぶりに微調整を続けていく中で、スペースに入ってくる選手に対応するのは難しいはずです。SBはいずれも高さはなく、セットプレーはニアを意識した守備で、ファーには工夫すべきポイントがあるのかなと感じました。

この試合は先制点が大きくものを言いそうなゲームなのは間違いありません。千葉と川崎との試合のように守ってカウンターが活きる展開になると苦しくなります。何とか先に点を取って相手が守っているわけにいかなくなる状況に持ち込みたい。そのためにも基本的に引き過ぎず、前の連携を断ってカウンターを狙うような展開で点を取りたいですね。

この試合は長い中断期間の再開初戦というだけでなく、今季のJ2の趨勢に少なからず影響する一戦になりそうです。ここを勝ち切れるかどうかが、これまで積み上げてきたことを自信を繋げるためにも重要です。相手が相手だけに簡単にはいかないと思いますが、だからこそチームとサポが一丸となってこの試合勝ちたいですね。いや本当に楽しみです。


2011.04.23 00:05 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |
今季J2を戦う東京は主力の多くが残留し、また補強で戦力的には昨季よりも上積みされました。しかし開幕戦では米本が出場停止。また権田・梶山・ペドロ・高松らが負傷で欠場。ロベルトセザー・石川もベンチスタートの模様で、いきなり難しい状況に追い込まれています。メンバー構成的に連携にもやや不安を残しますが、ここをチームとしてどう乗り切るのか大事な局面です。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK塩田
DF徳永、森重、今野、阿部
MFホベルト、羽生、大竹、谷澤
FW平山、鈴木

スーパーサブとして控える石川・ロベルトセザーにも期待ですが、何よりスタメンに起用されている攻撃陣に奮起したいところです。今季はスタメンが約束されているわけではありません。彼らの活躍がチームの勢いにも、そして自身のスタメン奪取にも繋がるはずです。


対する鳥栖は昨季13勝12分11敗の9位。野崎・飯尾が横浜FCへ、衛藤が徳島、萬代が草津に移籍したものの、広島から岡本、甲府から國吉を期限付き移籍、また徳島に在籍した米田など要所に計算できる選手を獲得して派手ではないですが、ユンジョンファン監督のもとで堅実なチーム作りを進め、2月中旬のPSMでは浦和を2-1で破っています。山瀬が負傷離脱しているようですが、予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK21室
DF4田中輝和、2木谷、13浦田、3磯崎
MF6岡本、14藤田(19米田)、16国吉、24柳澤
FW9豊田、25早坂

ベースとなるのは4-4-2の布陣。前線の2トップは185cmの豊田、183cm早坂、控えの183cm野田とも高さだけでなく運動量があり、組織的な守備はかなり整備されている印象。低い位置からの攻めでは前線の早坂が豊富な運動量でボールを引き出し、前線の豊田とのコンビネーション、サイドの國吉への展開からクロスでチャンスをうかがってきます。ボールをポゼッションの時間帯ではボランチの一枚が一列下がって3バック気味になって両SBを押し上げ、高めの位置取りをするボランチ岡本を起点にサイドからの崩しを狙ってくるようです。

やはり注意しなければいけないのは、前線でボールを引き出してチャンスメイクする早坂。右サイドの國吉や前線の豊田も積極的に仕掛けてくる存在ですが、早坂をいかに抑えるのかがカギを握るでしょう。またポゼッション時に前に出てアイデアのあるプレーをする岡本も攻撃のキーマン。左SB磯崎の攻撃参加も岡本が絡んだ攻めが多く、気にかけておきたい存在です。またセットプレーは高さがありますが、ボールを集めてくるのは豊田の模様。キッカーの山瀬は不在ですが、注意したいですね。

守備面では前線からの組織的な守備を意識し、前からサイドの高い位置に追い込み、そこでサイドに人数を掛けてボールを奪い、カウンターを狙ってきます。その中で磯崎らSBには比較的守備に難があったような印象で、そこからの崩しがおそらく攻略のポイントです。ただ攻撃が単調にならないよう、サイドから縦を狙うのではなく、中央で起点を作ってサイドの高い位置で勝負させる、大きなサイドチェンジから一気に逆サイドを突くとか、勝負させるまでにどれだけ工夫できるかがポイントになりそうです。

浦和とのPSMを見る限りでは草津との試合と同様の展開になることが予想されますが、草津よりも組織的な守備という点では整備されている印象で、また前線もより具体的な攻撃イメージを持っていると感じました。突出した選手はいませんが、要所にキーマンとなる選手がいて、チームとして統一した意識の元に運動量も豊富で、やるべきことをやりきれる好チーム。相手の狙いにハマって攻めが単調になっていくと、キープしながら攻めあぐむ難しい展開に持ち込まれる可能性は十分にありえます。

まずはチームとして先に点を奪うこと、そのための具体的なイメージを持つことです。相手がリズムを作ってからでは簡単ではなくなりますし、早い時間帯に先制点を奪って相手のプレッシャーを掛けていきたいところですね。相手の戦い方がはっきりつかめず難しい部分はあるかとも思いますが、それは相手も同じです。昇格を現実的な目標として見据えていくには1試合1試合勝ち点3を積み上げていくことが必要になります。まずはこの開幕戦、きちんと勝って勢いに乗りたいですね。いよいよ今シーズンも開幕です。


2011.03.04 12:55 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |
先制されて苦しみながらもロスタイムで追いつき、逆転勝ちを収めた福岡戦。元旦に試合するためにはあとひとつ、この鹿島との試合を勝つ必要があります。福岡戦で負傷した北斗は欠場が濃厚、また中盤はボランチに徳永を置いて、梶山を二列目に上げ、前線は鈴木達也を起用した布陣で臨むことになりそうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF椋原、森重、今野、キム・ヨングン
MF徳永、米本、梶山、リカルジーニョ
FW平山、鈴木

勝負どころで羽生、大竹、石川、大黒といったカードを活かせる均衡した試合に持ち込めるのかがひとつのポイント、そしてどうカードを切っていくのかがもうひとつのポイントでしょう。


対する鹿島は熊本、C大阪、名古屋相手にいずれも2-1のスコアで勝利。準々決勝からは退団のDFジウトン、FWマルキーニョスは帰国し、また岩政も名古屋戦の負傷で欠場が濃厚ですが、この天皇杯にはACL出場が掛かっており、また今季限りで引退の大岩を優勝で送り出したいという思いから、モチベーションは高いようですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK曽ヶ端
DF新井場、大岩、伊野波、宮崎
MF小笠原、中田、野沢、ガブリエル
FW大迫、興梠

ベースとなる布陣は4-4-2。中央に厚い布陣で相手の攻めをしっかりと押さえ、そこからの攻守の早い切り替えで一気に逆襲を狙うしたたかな戦い方をすることもできますし、ポゼッションからSBも積極的な攻撃参加をして守備も広げつつ、ボランチもフィニッシュに絡む分厚い攻めを見せることもある選択肢の多いチーム。攻守連動したその一体感は、ベストメンバーではないとはいえ強敵であることには変わりありません。

前線で起点となっていたマルキーニョス不在の影響はやはりあるはずです。その分中盤でのボールを奪うことを意識した守備をしてきますし、そこから嫌なスペースに飛び出して裏を狙ってくる興梠、積極的に仕掛けてくる大迫にボールが入るようだと一気にゴールを脅かされます。まず中盤でボールロストを極力減らすことが大前提ですが、それと同時に奪われた際の攻守の切り替えも意識すべき点です。

またそこを抑えたとしても、小笠原を起点に中田がフォローし、野沢・ガブリエルがボランチ・FWを巧みに繋いで織りなす中盤の構成力は高いレベルにあります。SBも攻撃参加した分厚い攻めでサイドと意識が向くと、FWを抑えても、野沢らが二列目から積極的にゴールを狙ってくるだけでなく、ボランチがバイタルエリアに入り込んでフィニッシュに絡んできます。サイドの深い位置に起点を作られる前に早めに潰していけるかもまたポイントです。

鹿島の守備は先述したように中央に厚い守備でそこをしっかり抑えるような戦い方をしてきます。それは逆にいえばその堅陣を崩せないまま、外でボールを回しても相手の脅威になりづらいということでもあります。鹿島を打ち破るためには、そのボール奪取ポイントを打開して、相手の守備を崩していくことが必要です。梶山はこれまで力を出し切っているとは言い難い状態ですが、その二列目起用にはメッセージが込められていると感じます。

この前の福岡戦を一部見た印象では、リーグ終盤戦の固さを感じさせるような部分もありました。そんなすぐに良くなるものでもないとは思いますが、やはりあーだこーだ言っても、この時期までサッカー見ることのできるサポは幸せなんだろうと感じます。選手もこの時期までサッカーができる楽しさを思い出した方が、きっといいサッカーができるはずです。このメンバーでできるサッカーで、今持てる力を出しきれるよう期待しています。

2010.12.28 22:08 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |